「新学習指導要領への 「竹島領有」明記は4年後?」について

東郷 幹夫の思いつくまま日記   2008/05/21
 
 
「新学習指導要領への 「竹島領有」明記は4年後?」について
 
 筆者は19日の記事『「新学習指導要領への 「竹島領有」明記は4年後?(作成日時 : 2008/05/19 13:56)』 で、次のように述べた。

    •  さらに奇妙なことは、社会科の指導要領の解説書に竹島を「わが国固有の領土」と明記する時機を平成24年まで伸ばしたことである。今から4年後である。恰もイミョンバク大統領の在任中は、指導要領の書き換えは行わない、すなわち中学では『竹島は日本領土』という教育は行わないと言っているように聞こえる。 日本政府はは韓国の新政府との間で、北朝鮮の日本人拉致の解決に協力を求めている。幸いにしてイミョンバク大統領は日本に協力的であるようだ。この協力で北朝鮮に圧力を加え、一刻も早く拉致問題を解決したいのが日本政府の本音であろう。しかし拉致問題にせよ、竹島問題にせよ、これらは日本の主権の侵害である。しかし拉致問題の可決を優先すれば、竹島問題を後回しにせざるを得ないというジレンマがあるように見える。
 
 ところが、日本政府が、新学習指導要領へ 「竹島領有」を明記することを4年後に伸ばしたことについて、韓国政府がイ・ミョンバク大統領の名の下に、早速、文句をつけてきた。其の内容は、5月19日の産経新聞の記事(参考1)や朝日新聞の記事(参考2)に、明らかであるが、次のような内容である。
    •  5月19日、韓国の柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商相は、重家俊範・駐韓日本大使を同省へ呼びつけて、イ・ミョンバク大統領の意思であるものとして、「報道内容が事実であれば、我々の固有の領土である独島に対する領有権を損なう試みである。日本は直ちに修正すべきだ」と伝え、これに対し、重家大使は「今後の方針で、決まったものではない。外相が表明した韓国政府の立場を直ちに日本政府に報告する」と伝えたそうである。 これらは韓国政府の発表である。
 
 イ・ミョンバク大統領は就任時から歴史的問題については、韓国は前大統領時代のように日本を攻撃することはしない。そういう問題を乗り越えて日韓の融和を促進しようという態度を見せた。そして彼の大統領就任前の日本側訪問団も竹島問題には触れようとしなかった。彼の大統領就任後の第一回の日韓首脳会談でも、福田首相は竹島問題に触れなかった。逆にイ大統領から、在日の地方参政権付与を要求されている。筆者は、随分と片手落ちな虫のよい話だと思っていた。日本側が、竹島問題を持ち出さないのは、上述したように、韓国に拉致問題の協力を得たいからだろうとも思っていた。
 
 今回、竹島に対する韓国の反応を見て、日本政府もはっきり決断がついたものと思う。重家大使のように、「今後の方針で、決まったものではない」などと言わず、「はっきり決まったものである」と言うべきである。
 さらに日本政府は「竹島問題」と「韓国による拉致問題支援」を、天秤にかけるようなことをすべきでない。竹島問題と拉致問題は切り離して、両者を同時進行の形式で解決に向かって進むべきである。竹島問題も拉致問題もそれぞれ韓国と北朝鮮による日本の国権侵害の重大問題である。両方とも同時進行の形で毅然として交渉に当たるべきである。韓国に対しては見返りに地方参政権付与を考慮する様なことはすべきでない。この点、民主党の地方参政権付与の動きには極めて危険なものを感じている。
 
  ********************* 終わり *************************
 
(参考1)「未来への努力に逆行」韓国、日本大使に是正要求
2008.5.19 13:59
 韓国の柳明桓外交通商相は19日、日本が新学習指導要領の解説書で竹島(韓国名・独島)を「我が国固有の領土」と明記する方針を固めたと報じられたことについて、重家俊範駐韓日本大使を外交通商省に呼び「事実なら、未来へ向かおうとの努力に逆行するもので、即刻是正しなければならない」と伝えた。外交通商省が明らかにした。
 「事実なら強く是正を要求するように」との李明博大統領の指示を受けたもので、柳明桓外交通商相は重家大使に対し、報道された通りなら「韓国固有の領土である独島への領有権を棄損しようという不当な企図だ」と指摘した。 韓国紙やテレビは、李大統領が4月に訪日した際に両国が「日韓新時代」をうたったことに触れながら「1カ月もたたないうちにこんな事態になった」(YTNテレビ)などと日本を批判した。(共同)
 
(参考2)韓国外相「直ちに修正を」 「竹島は日本領」文科省方針 2008年05月19日12時53分 
【ソウル=牧野愛博】文部科学省が中学の改訂学習指導要領の解説書に、韓国と領有権を巡って争いがある竹島(韓国名・独島(トクト))について「我が国固有の領土」と明記する方針を固めた問題で、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は「事実である場合は厳重に対応するように」と韓国外交通商省に指示した。柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商相が19日、重家俊範・駐韓日本大使を同省に呼んだ際に伝えた。
 韓国政府の説明によると、柳外交通商相は「報道内容が事実であれば、我々の固有の領土である独島に対する領有権を損なう試みである。日本は直ちに修正すべきだ」と伝えた。
 これに対し、重家大使は「今後の方針で決まったものではない。外相が表明した韓国政府の立場を直ちに日本政府に報告する」と語った。

  • 最終更新:2009-02-11 01:10:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード