やじ アメリカ、韓国戦直後「独島は日本の領土」一方結論

やじ アメリカ,韓国戦直後 "独島は日本の領土" 一方結論



記事入力 2006-03-27 07:53 | 最終修正 2006-03-27 07:53


日本と平和協定締結時…本紙,54年'バンフリット特命報告で'入手

"アメリカ,限り・仕事論争介入避けると"…国際司法裁判所回附勧告

朝鮮戦争直後日本と平和協定を締結したアメリカが独島が日本の領土と言いながら一方的に結論を下した事実が現われた.このような内容は世界日報が米バージニア軍事学校内マーシャル図書館で捜し出した ‘バンフリット特命報告で’(写真)で 26日明かされた.

報告書によるとアメリカと日本が平和協定下書きを作る時韓国が独島領有権を主張したがアメリカは独島の統治権は日本にあると結論を下した.これによって日本が所有権をあきらめる島々の中に独島が含まれなかったというのだ.

見てからは “たとえアメリカがこの島を日本領土だと思っているが論難に介入されることを避けて来た”と “アメリカはこの論争が国際司法裁判所(ICJ)に回附されるのが適切でこのような立場(入場)を韓国政府に非公式的に伝達した ”と記録した.

[見て内容は]

この報告書は朝鮮戦争の時在韓米軍司令官を勤めたジェイムズバンフリットが 1954年アイゼンハウアー大統領特使で韓国日本台湾フィリピンなどを訪問した後作成したことで,30余年間特急機密で分類されていた.

アメリカが明らかな根拠なしに独島の日本所有権を認めてくれて日本論理どおり ICJ 回附を通じる独島問題解決策を内部立場で整理していて前後処理の公正性に論難がおこるように見える.

見てからはこれと共に我が政府が独島領有権主張の根拠にしている ‘マッカーサーライン’に対しても認めなかったと記録した.

報告書によると韓国政府が 1952年米である平和協定(サンフランシスコ講和條約)にマッカーサーラインを含ませて独島近所での日本漁船操業を永久に阻もうと思ったがこのような措置はアメリカが支持する国際法の原則に行き違って韓国政府の要求を拒否したというのだ.

マッカーサーラインは韓半島周辺公海上の敵浸透を遮断するために設定されたことで,米である協定が締結されながら廃止されたが李承晩大統領が ‘平和ライン’で直して操業船で維持した.アメリカは韓国政府に操業船の有效性を認めないという立場を知らせたし,国際法違反だと抗議したというのだ.

しかし見てからはこのような事実を日本が分からなく,韓国政府関係者極めて一部だけ分かっているし露しなかったと明らかにした.

バンフリットはまた ‘辞書報告で’で韓半島筒であるまたは中国共産党政権を崩すための先制攻撃や無力行為を支持しないというのがアメリカ政策だと記録した.

これと共に最大限早い時期に韓半島内米軍が再配置されなければならないし,窮極的にすべての米軍が韓国と日本で撤収しなければならないというのが米国家安保会議(NSC) 政策だと付け加えた.

バンフリットは朝鮮戦争中の 1951年 4月在韓米軍司令官で赴任して 1953年 1月退職した.韓国戦で空軍将校だった息子を失ったバンフリットは陸軍士官学校を再建するなど韓国軍を精鋭化することに力を傾けて ‘韓国軍のお父さん’と呼ばれたりする.

彼は 1954年ウェストポイント士官学校同窓と同時に当時大統領であるアイゼンハウアー特命によって韓国などを見回して同じ年 9月 30日膨大な報告書を提出した.この報告書には極東地域主要国家の軍事動向と政治・外交的懸案を扱っているし,特に韓国と関連,六 ・日・空軍の戦闘要員と武器体制などを詳細に把握した.

見てからは 1986年 1月から 6月にわたって機密解除されたが空間的理由のため注目されることができなかった.

レキシントン(アメリカバージニア)=ハンヨングゴル特派員 icykarl@segye.com




  • 最終更新:2009-03-08 08:21:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード