エムペ 駐韓アメリカ大使館から駐日アメリカ大使館へ(1952.10.16)

[携帯モード] [URL送信]
駐韓アメリカ大使館から駐日アメリカ大使館へ(1952.10.16)

From:ライトナー駐韓アメリカ大使館臨時代理大使
To:マーフィー駐日大使
※アメリカ本国国務省へも同報


アメリカ大使館は独島の領有権についての国務省の見解に関する完全な情報を持っていないが、その地位は未決定であるように見える。平和条約で日本がこの島の領土主張を放棄すべきであるとの1951年7月の韓国政府の要請にかかわらず、条約草案にはそのような条項を挿入することは行われなかった。

中略(SCAPINなどによる韓国の領有主張の理由に言及)

合衆国が、日本、韓国のどちらがこの島に主権を有するかについて態度を明確にすることによって論争に巻き込まれるのは好ましくない。

中略(10/3付けの「リアンクール岩に韓国人」と題する報告について言及)

その島を実射訓練場として使用し続けることは、合衆国を領土紛争に巻き込み、また、時にこの島を利用する漁民が爆撃で死傷すれば逆宣伝になり、法的な問題にもなるかもしれない。


トップへ

      • -----------------------------------------------------------------------------

      • -----------------------------------------------------------------------------
[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]


      • -----------------------------------------------------------------------------

無料HPエムペ!

  • 最終更新:2012-09-11 19:30:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード