任那日本府説(任那日本府説) 1.プロローグ(序言)

任那日本府説(任那日本府説) 1.プロローグ(序言) | 伝統 60|0
96299| koguryoempir | 2008.12.29 15:11:08  


 
任那日本府説(任那日本府説)と言う(のは) 4世紀後半(369年?562年) 古代日本の大和政権[大和政権]が百済, 伽揶, 新羅を征腹して韓半島南部地域に任那日本府(任那日本府)という官庁を建てて 200余年間支配したという学説だ.

いや, 学説ではなく日本人学者たちはこれを既定事実で認めて中等学校だけでなく各種歴史教科書に堂堂と記述している.

まず彼らが主張する任那日本府説の根拠では四種類.

第一, 日本の古代歴史書である日本書紀(日本書紀)を指折ることができる. 二番目日本の李ソノ加美[石上] 神宮(神宮)に保存している打つかも(七支刀)で, 第三, 家(集安)にある高句麗光ヶ土豪太王(広開土好太王)のフンゾックビ(勳積碑)であるヤングラックギゴングビムン(永楽紀功碑文)だ. 四番目が中国歴史書であるソングで(宋書)だ.

このように彼らが主張する任那日本府説の根拠は当事者である日本内にだけあるのではなく, その相手である韓国側にもあって第3者である中国にも存在しているのだ.

その根拠に提示される史料たちの比重も甘くない. 考証(考証)の基本餌類である買っては水では金石文まで確保したわけだ.BR>
結論的に日本人たちはこのような史料たちを土台で任那日本府説を学説ではない歴史的事実で, 現在まで展開して来た.

1854年アメリカ間も艦隊にすべて漢方うつ事ができなくて門を開いてくれた後, その後幕府が割れて, 明治流れ矢[明治維新]で近代国家の面貌を取り揃えながら素早く富国強兵を叫ぶなど近代日本は西洋の先進文物を目に見え次第に学んで無条件引き入れた.

そして正確に開国 22年後の 1876年, アメリカにあったそのまま朝鮮と不平等條約を締結することで(1876 江華島條約) 朝鮮はもちろん中原大陸にまで侵略の魔手を伸ばす足場を用意するようになる.

このように断片的な事実だけおいてみたら日本という国がただ神妙に近い位に早くてすごいとばかり考えられるかも知れない.

しかしその裏面には日本ミリタリズム侵略者たちと日本国民を徹底的に縛りつけた侵略論理があったから, その基礎がまさに上で言及した任那日本府説(任那日本府説)だった.

これは当時軍国主義者たちと右翼人士の間から一つの常識で通じていた論理でもあった.

その基礎の上で鼎韓論(征韓論)の歴史的妥当性が導出されたはずで大陸侵略と大東亜共栄圏の基本構想が出たはずだ.BR>
自称天皇(天皇)と呼ばれる象徴的な君主の存在とさむらい[武士]に記憶される国, 腹切りと神風[神風] 爆撃が連想する島した国, 日本.

ところが一方彼らには暖かい温泉文化があって, 美しい花中の一つである桜が咲いて落ちる国でもある.

ところでどうして特に否定的なものなどが彼らのイメージを圧倒しようか. 我が民族が彼らに洗うことができない苦痛にあっておこるか?

違った. 上の表現は西洋人たちの目に映った日本の姿だ.

太平洋戦争を経験しながら真珠湾で沖縄でアメリカ人たちに刻印された日本, 東南アジア一帯でクァイガングの足を建設してイギリス人たちに刻印された日本だった.

アメリカの軍艦に上がって不平等條約を締結した後 100余年ぶりに再びアメリカの軍艦に上がって無条件降参をした日本.

その開国(開国)から敗亡(敗亡)までを, 彼らは現在どんな歴史観でどんな松の実どおり眺めているか. 彼らの精神の中にどんな意味で残っているか.

この位で言って見よう. 或者は書き始めでこんな考えをしたかも知れない. どうして他の国の歴史を持って曰可曰否すると... '彼らが育つ青少年たちに何を教えようが, どんなに教えようが, 何の関係なのか.その言葉だ.

その理由はまず彼らの教える歴史が私たちと連関になったしまたその歴史が歪曲されているというのにある. それで私たちの子孫と彼らの子孫が捻れた歴史の過誤を再び踏むようになるかも知れないという抜いてからだ.

も彼らが提示した根拠を真剣に聞いて彼ら論理の虚構性と史料の真偽可否, 一方では歴史を離れてその頃時代的状況に対する常識的な接近を通じて真実を見ようとするだ.

もちろん全体的に論理にブハムするべきが, ここまで接近方法で事実を糾明することで韓,日関係がもうちょっと正しく定立されるように願う心である. その出発点に立っていることがすぐ任那日本府説だ.

これを越さなくては限り,仕事関係の未来が肯定的になるか否定的になるか客観的に予測しにくい.

それは一部日本人たちの精神の中にまだミリタリズム侵略のもうろくがまた生き返えるかも知れないという憂慮のためだ. 誰が何と言ってもミリタリズムと覇権主義のもうろく底辺には任那日本府説という幽霊が歪曲されたまま厳然に敷かれているから...

歴史は人間と人間, 集団と集団, 国家と国家の間の絶え間ない接触を記録する.仮説はもちろん容納されないが, 一方完璧な室等のみを要求することでもない.

歴史を扱う学問方法の論点冷たくは数えきれないほど多くて論争も多いが, 論点と論争は根本的に人間の分け前であるだけだ.

付け加えようとするとそういう行為自体も一つの歴史になる.

そんな面で歴史を敢えて言わば, 折る安産萎んで行く花でありごまは瞬間残ることは割れた皮と下がる内容物だけかも知れない.

ありのままの花, ありのままの卵であるかも知れない.

したがって人為の結果は歴史としての生命と実体を見逃した小人(小人)の策略であり, 小菊(小国)の編輯症に過ぎない.

歴史はただ歴史としてヒャングゾンして行くわけだ.

私たちはここでおごそかで静かな歴史意識で客観性を失ってはいけないことが必須事項だ.

あり得るすべての蓋然性を念頭に置くが, 事実と論証を経って一つ一つ濾過させて, 位に行き違うことは徹底的に排除して行くことが正しいだろう.


出処; 理性学(李聖鶴) 著述 '朝鮮日報と任那日本府説'

{引き続き}







IP xxx.151.xxx.17
1213.jpg 76KB) 
 
 


印刷  削除申告    


    




         


任那日本府説(任那日本府説) 2.日本書紀(日本書紀)と任那日本府(任那日本府)  
  • 任那日本府説(任那日本府説) 1.プロローグ(序言)
韓国実情に相応しいように改撰された広開土王碑 [1] 




利用規約 - 個人情報保護方針/個人情報の取り扱い - ヘルプ  

Copyright ? NHN Corp. All Rights Reserved. 



TITLE:言葉も国境も越える!日韓リアルタイム翻訳掲示板 enjoy Korea
DATE:2008/12/29 18:17

  • 最終更新:2009-03-06 12:26:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード