信じがたい民族性(日領竹)

信じがたい民族性



 このサイトでは「竹島問題」について語りますが、その前に朝鮮民族の「民族性」を少しだけ述べておかねばなりません。何故なら、日本人の感覚で判断すると、誰しもが「まさか!」「あり得ない話だ」「作り話だろう」「ごく特殊な事例だろう」と疑ってしまうからです。「民族性」を承知しておかねば、「竹島問題」にしても「従軍慰安婦問題」にしても「日本海の呼称問題」にしてもその他諸々、あれほど強く韓国が主張している以上、それなりの根拠があってのことだろうと考えてしまいます。それが普通の日本人です。「政府」は勿論、「国民全体」が口をそろえて言っていることですから、解釈の違いはあったとしても、よもや「嘘」はあるまいと日本人は判断します。


 ところが、「嘘」で固められているのです。しかも、手の込んだ嘘ではなく、全く単純な子供じみた嘘、大言壮語の類の嘘で、調べれば直ぐ嘘と分かる程度の嘘です。ただ、それを執拗にしかも威圧的に繰り返し繰り返し、「嘘も百回言えば真実になる」を当に地で行きます。「民族性」と表現したのは、個々人の性格とは言えないほど殆どの国民に共通していると思われ、当然、韓国のメディアや政府も同様だからです。


 相手の気持ちを思い図り敢えて本当のことを言わずに嘘をつくことを日本では「嘘も方便」と言います。相手の気持ちを思うが故の苦渋の選択として、嘘に対して後ろめたさを感じながらも目をつぶります。韓国の場合、結果を得る為の手段としてつく嘘は「是」とされます。例えば、「独島は韓国領土」を言いたい場合、その為につく嘘は全て「是」です。真偽の追求はしません。ただ、この「嘘も方便」は民族性になっていますから、仲間同士(国内)でも同様な言動として表れます。執拗にしかも威圧的に繰り返しますから、当事者同士では解決できず、裁判に訴えることになります。韓国の訴訟件数は日本の60倍と言われています。その裁判で、韓国は「偽証」に悩まされているのです。


 AFCアジアカップ2011準決勝の日韓戦(Al-Gharafa Stadium)で日本を侮辱する目的で奇誠庸選手が行った「猿まね」が世界中の批判を受けましたが、その原因とされる応援席の『旭日旗』写真を韓国メディアが公開しました。選手への批判の流れを旭日旗に摺り替えるためです。ところが、それが捏造写真であることを、日本のネットユーザーは瞬時にして暴露します。公開写真では観客席が2階造りになっていることや、日韓戦なのにオランダ国旗が見えることから、前年のワールドカップでのオランダ戦の写真であることと判明。韓国メディアは奇誠庸選手の言葉「観客席にあった旭日旗を見て」をフォローする目的だったのでしょうが、信じられない程いとも簡単に(奇選手の言う通り観客席に旭日旗があったとしても)嘘の写真を掲載します。この件に限らず、韓国の嘘は高度なものではなく、至って稚拙なレベルです。『嘘』自体が彼らにとっては日常的行為です。日本人の倫理観で解釈することは危険と言えるでしょう。
 





  
■ 偽証に悩む韓国の法廷
朝鮮日報記事    2009年8月19日


 (前の部分略) 民事裁判ではかなり前から偽証が蔓延(まんえん)しており、判事もそれに無頓着になりつつある。刑事裁判とは違い、偽証しても負担が少ないからだ。あるベテラン弁護士は、「民事法廷は偽証の大会場と言っても過言ではない」と話した。
 このように偽証が氾濫しているのは、偽証を犯罪と見なさない社会的風土が定着しているからだ、という指摘が出ている。証人が事件の当事者と知人の場合、事件当事者に有利な証言をしなければ冷淡な人間だと思われてしまうというわけだ。日本では偽証罪で起訴される人が年間10人前後に過ぎない。
 検察と裁判所は最近、偽証罪に対して厳しく対処している。
 以前は罰金程度で終わっていた偽証事犯を正式な裁判に回付し、実刑判決を下すケースも増えている。検察は2004年に937人の偽証事犯を立件し 472人を裁判に回付したが、昨年は1786人を立件し1251人を裁判に回付している。一方、略式起訴は409人(04年)から375人(08年)に減った。裁判所も05年に偽証罪で起訴された被告人98人に実刑判決を下したが、昨年は247人だった。7月から施行された量刑基準では、偽証罪に対して最長4年の実刑を下すことできる。
 ソウル中央地検のミン・マンギ公判第1部長は、「法廷での偽証が重大な犯罪だという認識を持つよう、幼いころから教育しなければならない」と主張した。


                         チョン・ハングク記者 孫振碩(ソン・ジンソク)記者

 以上は、朝鮮日報の記事です。韓国人の嘘癖は法廷にも大混乱をもたらせています。
次は、同じ朝鮮日報の社説ですが、同民族としても嘘癖には流石に堪らず、『司法妨害罪』の導入を主張しています。
朝鮮日報社説     2010年2月2日


 法務部と検察が「司法妨害罪」の導入を主張している。これは犯罪捜査で、参考人が事情聴取などの段階で虚偽の証言を行った場合、処罰できるようにするというものだ。参考人とは、警察や検察などの捜査機関が犯罪捜査を行う際、第三者の立場から犯罪被疑者の容疑の有無について証言する人物のことをいう。裁判の際、法廷で証言する証人と立場的にはよく似ている。国会は2月の臨時国会で、この司法妨害罪をはじめとする司法改革関連法案について審議を行う予定だ。
 韓国は法廷で虚偽の証言をする偽証や、他人による嘘の告訴・告発により、いわれのない事件に巻き込まれるケースが世界で最も多い。2007年に日本では偽証罪で138人が立件され、9人が起訴されたが、韓国では 3533人が立件され、1544人が起訴された。 虚偽告訴罪も、日本は133人の立件に起訴が10人だったが、韓国は立件が4580人、起訴が2171人だった。起訴された人数を基準にすると、偽証罪は日本の171倍、虚偽告訴罪は217倍だ。日本は人口が韓国のほぼ2.5倍であることを考えると、実際は偽証罪が427倍、虚偽告訴罪は543倍に達する。韓国で偽証関連の容疑で有罪判決が宣告されたケースも、2006年に1066人、07年1451人、 08年1792人と、毎年増え続けている。
 証人が法廷で偽証をすると、5年以下の懲役か1000万ウォン(約78万円)以下の罰金刑に処せられる。それでも法廷で嘘の証言をする人間がこれほど多いのは、たとえ偽証を行っても処罰を受けない捜査段階での参考人が、いかにでたらめばかり語っているかを意味している。06年に大邱地検が、偽証で摘発された容疑者たちに対してその動機を問いただしたところ、「知り合いだから」が52.9%で最も多く、「金銭面での代償を約束したから」が 26.5%で2番目に多かった。血縁・地縁・学閥を土台とする縁故主義・温情主義と、金さえもらえるのであれば何でもできるという考え方が、時に「息を吐くように嘘をつく」などといわれるような社会の雰囲気を作り上げているのだ。
 法廷であれ捜査段階であれ、偽証や虚偽告訴は犯罪の真実解明を妨害する。それだけではない。必ず処罰を受けるべき犯罪者が巧妙に法の網をくぐり抜け、関係ない人間にいわれのない処罰を受けさせることもある。米国ではクリントン、ニクソンの両元大統領が現職中に弾劾直前にまで追いやられたことがあるが、いずれも偽証と司法妨害罪が原因だった。大韓民国の国民が世界で最も嘘をつくという汚名を返上するためにも、司法妨害罪の導入を急ぐべきだ。
 
 朝鮮日報など韓国のメディアが嘘を批判すると、「お前が言うな!」と苦笑いをしてしまいますが..............。
  
   

     
■ 日本海呼称問題   ( 嘘で構築された韓国主張の例 )


 韓国は、サイバー組織VANK(政府からも出資)を使って次のように公表し、『日本海』の表記を『東海』に改めるよう世界の至る所で主張し、要求を突きつけています。内容は単純に、『嘘』です。
 『日本海』の名称が支配的になったのは20世紀前半の日本の帝国主義、植民地主義の結果であり、米議会図書館における調査の結果、1800年以前に作成された古地図が228枚あり、その内この海域を表記した古地図103枚については、66%に当たる68枚が「朝鮮海」または「東海」と表記し、「日本海」と表記した古地図はわずか14枚(14%)に過ぎない。 
   
 2009年5月11日付ニューヨークタイムズ(NYT)に、「Error in NYT(ニューヨークタイムズの間違い)」という表題の全面広告が出されました。広告主は韓国の大学教授です。広告はSea of Japan(日本海)を抹消してEast Sea(東海)に書き改めた絵です。絵の下に続けて、「NYT記者のみなさん」と記者に呼び掛け、韓国(地図では南朝鮮)の大学教授として、記者に「真実」を教え諭しています。罪の意識もない堂々とした『大嘘』です。この広告は韓国メディアが大きく報道し、韓国民の絶賛を得ています。 
 NYT記者への教え


 韓国と日本の間にある海は『日本海』ではなく『東海』であることをお知らせいたします。この海は過去2000年間多くの国々が東海と明記して来ました。東海に位置した独島も否認することができない韓国領土です。これは歴史に登場する真実で明白な事実です。この世の中に『日本海』と言うものは存在しません。ただ日本政府が歴史を歪曲したことがあるだけです。
(翻訳 2ch 蚯蚓φ氏)

   
 次は2006年1月22日付けの韓国の聯合ニュースの配信記事です。ここでは『日本海』の名称を『韓国海』に変える話になっています。『東海』よりはまだマシです。Sea of Korea なら高麗海(or朝鮮海or韓国海)と訳せるからです。韓国が主張している『東海』は何処から来た名前でしょうか。例のごとく、威圧的態度で執拗に執拗に繰り返すだけで、根拠を明示しません(示せないのが理由ですが)。日本海を東の方角にある海という意味で『東海』と呼んでいた地域があったかもしれませんから、ローカル的名称としては考えられます。しかし、一般に『東海』と公称されていたと主張できるだけの史料はありません。まして、「東海の固有名詞がSea of Korea」(内容としては意味不明)と断言できる史料があろうはずがありません。「息をするように嘘を言う」と言われる所以は、こういったところにあります。

聯合ニュース配信    2006年1月22日


 与野党議員で構成された「民族精気議員の会」(会長:金希宣)は22日、「日本海(Sea of Japan)」を「韓国海(Sea of Korea)」に変えて行く作業を本格化した。
 昨年「韓国海」という名称を取り戻すために総力戦をしようと決意したこの会は最近、東海の固有名称が「Sea of Korea」であることを説明する広報パンフレットを製作し、89ヶ国の在韓国外交公館に発送した。
 会では、東海表記問題が独島領有権紛争とも無関係ではないとして、今年中に国会決議案採択を通じて「Sea of Korea」に対する国民的共通認識を形成し、専門家や市民社会団体などと共同で海外広報団を構成する予定だ。


   
 この年の11月に行われた日韓首脳会談では、韓国の盧武鉉大統領が安倍晋三首相に、突如、日本海を『平和の海』に改名しようという提案をして、即座に拒否されています。


 政府もVANKも『東海』の名称を主張しています。それでも、『東海』以外に『韓国海』とか『平和の海』とかの名称が出てくると、どの名称が真実なのかと、普通の国民なら疑問を持ちそうなものですが、韓国人にとって真実などどうでも良いことです。『日本海』でなければいいのですから、その根拠がどんな嘘でも平気です。『事実』に基づき判断する日本人と大きく違い、『嘘』を押し通す(目的を得る為には嘘をつく)ことが日常の生活そのものなのです。
 前述のサイバー組織VANKは世界中の地図出版社や新聞社等を調べて、『日本海』など自分たちの意に沿わない記述を見つけると、“サイバーデモ”と称して、超大量の送信(スパムメール)攻撃によって圧力をかけ、記述を変更させます。韓国側は「歴史認識に基づいた主張」だから当然な行為としています。事実を説明すれば相手が分かってくれるなどと考えている日本なぞ、甘い認識、柔(やわ)なものです。VANKの効力は凄まじく、テロ行為にも等しい行動に対して普通の国なら自粛を求めますが、韓国政府は逆で、VANKの活動を表彰して運営費の援助までしています。


  突如引かれた李承晩ラインに、戦後の日本人は泣かされました。韓国の大統領・李承晩が日本漁船進入禁止の境界線を一方的に宣言し、境界線を越えた日本漁民を次々と拿捕したのです。当に海賊行為で、銃撃などによる漁民の死傷者は44人、抑留者が4千人にものぼりました。
 VANKの”サイバーデモ”、それを賞賛する政府や国民を眺めると、李承晩の出現がこの民族にとっては、特別でも何でもないことだということがよく分かります。
  
 以下が、「日本海呼称問題」に関する、韓国政府と日本政府(自民党政権)の正式な主張です。
       韓国情報省    http://www.korea.net/news/issues/issueView.asp?issue_no=23
       日本外務省    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nihonkai_k/ 
  
 韓国側の主張の要点は「元々『東海』と呼ばれていた海が、20世紀前半の日本帝国主義・植民地主義により『日本海』という名に変えられてしまった。その根拠は、米議会図書館所蔵の古地図で1800年以前を見れば(何故か19世紀は無視)分かる。独自調査で、この海域を表記した古地図103枚を発見した。68枚は『東海』と表記(何故か『朝鮮海』を含む)されており、『日本海』はわずか14枚しかない。圧倒的に『東海』が多いから『東海』こそが正式名称なのだ。(何故か、日本が植民地主義で名称を改変したという主張の論拠については一切触れず)」ということです。実は、この日本海呼称問題は、1990年代初頭に韓国政府が支援して始めた運動(北朝鮮も同歩調)で、歴史的『事実』と言いながら、運動の歴史は浅いものです。当然、それまでは韓国の教科書も『日本海』でした。
 日本側は外務省の「日本海呼称問題(米議会図書館所蔵の地図に関する調査)」で応えています。日本側が同じ米議会図書館所蔵の古地図を調査した結果が下表です。『日本海』表記は1110枚ありました。一方、『東海』表記は2枚です。
国 1600年 
まで 1601年
~1700年 1701年
~1800年 1801年
~1860年 1861年
~1900年 計 割合
Japan 1 3 47 417 642 1110 77.352 %
Korea Sea 0 2 94 82 10 188 13.101 %
China Sea 3 11 8 0 0 22 1.533 %
Eastern Sea 0 0 1 0 1 2 0.139 %
Oriental Sea 0 4 14 1 1 20 1.394 %
Tartar Sea 0 0 0 3 0 3 0.209 %
Tessot Sea 0 0 2 2 1 5 0.348 %
Japan/Korea 0 0 3 11 0 14 0.976 %
Japan/Oriental 0 0 7 0 0 7 0.488 %
Japan/China 0 0 1 0 0 1 0.070 %
Eastern/Korea 0 0 4 0 0 4 0.279 %
ND 0 3 7 18 19 47 3.275 %
No Entry 32 81 110 29 43 295
Others 0 3 4 0 5 12
計 36 107 302 563 722 1730 99.164 %
   
 1800年以前の地図は445枚です。その内、『EasternSee(東海)』は唯の1枚です。19世紀を含めても計2枚です。これで「圧倒的に『東海』が多い!」とは言えません。(だから『朝鮮海』を併記したのでしょう)
 『朝鮮海』の呼称については、出雲に向かう道を『出雲街道』、金比羅様に向かう道を『金比羅街道』と言ったように、『日本海』のことを、朝鮮に向かう海とか支那に向かう海として『朝鮮海』『支那海』と呼んでいた可能性はあります。ただ、朝鮮人ではなく日本人がそう呼んでいた可能性で、西洋人が日本人の呼び方を聞いて地図に『朝鮮海』『支那海』と記入したことは考えられます。『東海』ではありません。
 『日本海』の呼称が19世紀に急増するのは、日本に開国を迫り交易(or植民地化)を求める西欧の船がこの海には溢れており、航海士の間で『日本海』の呼称が一般化したのではないでしょうか。もちろん、韓国側が言う20世紀前半の日本帝国主義・植民地主義よりも前の時代の話で、日本が他国に対して『日本海』に名称を変更させた『事実』など全くありません。


 韓国の大学の先生によれば「過去2000年間多くの国々が東海と明記してきた」そうですから、その論拠となる古地図を何枚も並べて貰わねばなりませんが、それは虚偽ですから、無理な注文になるでしょう。捉え方により色々な学説が生まれることは当然ですが、事実を捏造して新説を唱える行為は、普通は学者としてタブーです。ただ、拍手喝采する韓国民を眺めると、韓国では学者ですら虚言(この場合は捏造)が日常的かと思われます。「嘘も方便」です。
 

 それにしても、自国の古地図を調査すれば『日本海』をどう呼んでいたかは分かるわけですから、韓国側は『捏造』を大展開する以前に、自国の民が『東海』と呼んでいたというデーターを広く公開する程度の、『事実』への学問的関心があっても良いのではないでしょうか。歴史は政治の道具ではありません。
  VANKの活動は、「歴史的事実」と断言する政府の強い支援をバックに、より活発化、先鋭化しているようです。

   
   


  • 最終更新:2012-10-15 15:00:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード