君島和彦教授の寄稿「教育の場に押しつけるな」

2008年08月16日
 
■竹島(=独島)問題 君島和彦教授の寄稿「教育の場に押しつけるな」


学習指導要領解説書の竹島記述の撤回を主張する君島和彦教授の寄稿を紹介します。



「朝日新聞」7月24日より

◆竹島問題 教育の場に押しつけるな


君島和彦 東京学芸大教授(東アジア近現代史)
 
 

今年2月、李明博・韓国大統領が就任式に出席した福田首相に、李大統領は未来志向の新時代を築くために、いわゆる歴史問題で日本に謝罪や反省を求めないという姿勢を示した。新たな関係が築かれようとする矢先に、日本政府は、「竹島(韓国名・独島)」について初めて記述した中学校の学習指導要領解説書を公表し、歴史問題をまた引き起こしてしまった。

解説書によれば事実上、「竹島は日本の固有の領土」と教えることになる。このことが「竹島・独島」を実効支配している韓国から強い反発を受けることはわかっていた。近くは北海道洞爺湖サミットでも、李大統領は福田首相に解説書への記述をしないよう求めていた。

日韓関係の悪化に対して渡海文部科学相も、外交関係では韓国政府に「大人の関係」を求めていくと述べている。しかし、「大人の関係」は解説書を公表する前に対処するべきことであって、公表してからでは、日本側の主張を認めなさいという一方的な押しつけでしかない。これでは「未来志向の関係」は築けない。

領土問題は政府間で決着をつけるべきことである。ロシアが「不法に占拠」(解説書)している北方領土問題は一向に解決しないが、日本政府は、李大統領がいうように「竹島・独島」を国際紛争地域にしようとしているのだろうか。

李大統領は、日中韓共通の歴史教科書の作成を検討するように指示し、韓国政府は日韓の歴史共同研究委員会でも「竹島・独島」問題を取り扱うように働きかけるという。しかし、領土問題は、そのようなことで解決できることではない。研究者が「竹島・独島」は日韓いずれかの領土だという結論を下したとして、両政府はその結果を受け入れるだろうか。

今回の措置で見過ごせないのは、政治的・外交的に解決できない問題を、教育の場に押しつけたことである。解説書の通りに、「主張に相違がある」ことを、授業で本当に教えて良いのだろうか。教科書検定では合格するのだろうか。町村官房長官が記者の質問に答えたように、学校では日本の固有の領土であると教えることになるであろうし、教科書検定でもそのように書かされるのであろう。とすれば、解説書の表現で韓国に配慮したとしても、それは方便に過ぎないことになる。

新聞報道によれば、公表された文章は100通りもの文案の中から選らばれ、何も書かないという案もあったという。幸い、解説書は文部省告示でもなく、法的拘束力もない。改訂は政府の決断で可能である。

韓国とのシャトル外交、6者協議での協力関係、さらには「未来志向の関係」や「大人の関係」を重視するのであれば、まず解説書を改訂し、以前のように「竹島・独島」について記述のない段階に戻してから話し合いを求めるべきだろう。それが日本政府のできる「大人の関係」「冷静な対応」だ。

日本政府が記述を撤回したなら、韓国政府も、話し合いの席に着くべきである。韓国政府の立場では、元来我々の領土なのだから改めて協議する必要はないということになるだろうが、事実として日韓両国は領有権を争っている。とすれば、解説書を改訂した日本政府の誠意を受けとめて双方が席につき、政治的に領土問題を解決することが何よりも重要であろう。

 
 
また、君島和彦教授は、朝鮮日報のインタビューで次のように答えています。


-歴史学者の立場で独島の領有権をどう判断するか。

「竹島専門家ではなく、一次資料を研究したことはない。しかし、(独島は歴史的に韓国領だと主張する)内藤正中・島根大名誉教授の意見に同意する。竹島は韓国領だという主張が正しいと思う。それに反対する主張は説得力がない」



今回の竹島(=独島)問題をめぐる韓国側の反発は、文部科学省が学習指導要領解説書に、竹島を「我が国固有の領土」として明記する方針を固めたという報道に端を発しています。ところが日本メディアを中心に「韓国は"冷静な対応"を」などという、日本政府が騒動のきっかけを作ったことを棚上げにした誤った主張がなされています。韓国政府が一時的に外交交渉をストップしたり(現在再開されています)、国民がデモをするぐらい当然の対応であり、それ以上に「冷静な対応」というのならば、"韓国人は黙れ"というに等しい見下した表現です。君島教授も指摘していますが、解説書を公表してから「冷静な対応」を求めるのは、「日本側の主張を認めろ」という一方的な押しつけでしかないと思われます。

 
 
【参考エントリー】

過ぎ去ろうとしない過去『「野蛮」に対する敵対』




もちろん暴力的な行為などは支持しませんが、むしろ一部の韓国人の行動をあげつらう人には、日本政府がきっかけを作った今回の騒動を、韓国側に責任転嫁しようとする意図を感じます。

【参考エントリー】

誰かの妄想『キジを殺したデモを行ったことで、日本の嫌韓ネトウヨから絶大な支持を集めた韓国右翼団体』


  • 最終更新:2009-02-08 05:08:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード