日本の独島挑発,どうしてますます激しくなるか



日本の独島挑発,どうしてますます激しくなるか

-日本の独島侵奪戦略分析- 
日本の独島挑発に対する総体的な分析と代案を模索した文だ.独島危機の根本原因は日本の膨脹野慾と私たちの無知・無対応と領土意識欠乏がもたらした結果だ.

目次

1.日本の目標は独島を日本領土竹島で作ることだ
2.排他的経済水域の登場で独島が朝鮮海衣主人になった
3.冷戦の足かせが消えて日本の独島野慾が露骨的に始まった
4.日本は漁業協定で確保した国際法の上の地位を土台で独島強奪を夢見る
5.韓国政府は独島危機に対して国際法の上過ちをずっとやらかして来た
6.日本は国際社会で勝利する準備を終えた
1)独島ではなく竹島をインターネット世の中の標準で作った.
2)世界の国家指導と一般商業指導に竹島表記定着
3)多くの国の教科書表記は独島ではなく竹島が主類だ
4)国際機関を竹島一色で作った日本
5)世界学術誌を占領した竹島
6)全世界配意ヘドまで竹島で統一
7)竹島を裏付ける世界範囲の学者養成
8)国際的な忠誠分子養成
9)各国政府の公式支持を導き出し
10)完成に近い安保理常任理事国進出工作
11)韓国の独島世論をわがまま操る日本
12)韓国社会内部に日本主張を肩を持つおびただしい勢力を作って置いた.
7.日本は内部の独島侵奪整備を終えた
1)膨脹基調で走る日本
2)教科書を通じる独島侵奪土台用意
3)各種受験書と参考書及び一般教養書を通じる独島侵奪国では整備
4)日本中央政府部処たち,独島を竹島で作る法制整備
5)地図を含めた社会インフォメーションシステムに竹島を明らかに表示
6)日本地方政府の独島侵奪策略
7)強奪根拠用意のための各種学術基礎作業
8)国民意識を切り刻むための各種行事と国民運動
9)日本憲法専門に独島問題が入って行く予定だ.
10)海洋基本法を通じて独島に対する総合対策用意
11)竹島問題は日本国内政治の一番重要な主題になった.
12)日本は独島強奪に対する国際的な同意をもう得た
13)日本は独島に対する軍事占領準備を終えた
8.独島を足場で韓国をのもうとする日本
9.易しいことからまず飲み下そうとする日本の膨脹戦略
10.日本はこれからどんなに攻撃の強度を高めようか
11.もうどうすれば良いが






2008年 7月 14日日本文部科学省は中学校教科書指導解説指針に独島に関する内容を銘記することに決めた.これは日本中央政府が直接出て独島を日本領土竹島で作る作業を始めたという話だ.もちろん外務省がもう 2008年 2月に島根県竹島研究会の研究結果を受け入れて外務省ホームページに独島が日本固有の領土という詭弁をずっと積んで来たから文部科学省措置が初めではない.またもう防衛省や海上保安庁,海自,航空自衛隊などで自分たちの業務管轄水域の中に独島を含ませてから以前だの中央部署が初めて螺旋仕事という表現は私利に当たらない.

ところで日本の独島挑発がかつてからあって来た事ではあるが最近で来るほどますます激しくなっていることは明らかな事実だ.これからは高位官僚たちが個人的な次元で不平をぶちまけ出す位ではない.枝葉的な事案や原論的な次元の主張でもない.日本政府が国家の力を総掛かりして韓国の反発を無視して正面勝負をつける方で走っている.

韓国社会は日本の独島挑発がある度に沸き立つことはするのに状況はよくならないでますます悪くなっている.その間日本の緻密で計画された攻勢にひかれて通ったのだ.これからは内容も分からなくて興奮している途中いつそうだったかと言うように忘れて過ごす鍋根性から脱して問題が何でどんなに解決しなければならななのかを真剣に省察しなければならない時である.もう彼らがどんな理由と戦略方針で独島を侵奪するのか冷情によく見る時だ.

1216891788-57.jpg

  • 最終更新:2009-03-06 17:42:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード