日本の独島紛争指話戦略'の呪いと黙認の落とし穴

日本の独島紛争指話戦略'の呪いと黙認の落とし穴

#image(1216968861-66.jpg)

韓国と日本は独島を置いて争うことをして来てから半世紀が過ぎる.50年が過ぎる長い期間日本政府は終始一貫攻勢的態度を維持したし韓国政府はとても初期を除けばどんな何も言わなく日本の攻撃にあってばかりして来た.その結果独島は韓国と日本の共同管理状態になったしもう独島がマージしない将来に日本領土竹島に変わる可能性が非常に大きくなった.日本の挑発がある度に韓国国民は怒ったが結果は日本の挑発に滞ってばかりして来た.どうしてそうなのか.

独島挑発がある度に必ず韓国のすべてのマスコミ報道書き起こしを飾る表題語がある.'日本の紛争指話戦略'という言葉だ.独島に対する日本のすべての挑発が皆独島を紛争誌で作るための戦略から出たことだという話だ.独島を紛争誌で作って飲み下そうとすることが日本の戦略だから独島を守ろうとすると当然日本の戦略に巻きこまれてはいけない.紛争指話戦略に巻きこまれなければどんな対応もしないでじっといなければならない.なぜ?対応すれば紛争誌になるから. 紛争誌になれば国際司法裁判所に引かれて行かなければならないしそれでは独島を奪われる公算が大きくなるから.

しかしこの論理がでたらめというのはずいぶん前に立証された.韓国政府が日本の攻撃の前に何らの反応を見せないでじっといたが独島は国際社会で一番代表的な紛争誌になってから長くなったからだ.世界のすべての国際法教科書紛争誌リスト上座を独島が占めて座ってからながい.もう韓国政府がいくらじっといても独島はすべての世界人が認める代表的な紛争誌だ.ところで世界が認める紛争誌になったにも韓国のマスコミ報道書き起こしは常に '日本の紛争指話戦略に巻きこまれてはいけない'と言う言葉で始まる.まるで独島が紛争誌ではないように事実関係を欺く言葉や同時に韓国政府に領土侵奪に対して何らの対応をするなと言う命令を下す言葉だ.

国際法に黙認という領土問題に係わる一般原則がある.自国領土に対する相手の挑発に対応しないでじっといれば黙認で見なされる.国際法の上黙認は相手の主張に同意するという話だ.黙認で見なされれば領土を越さなければならない.
最近シンガポールとマルレシアの間の ‘ペドだとブラングカ’島紛争に対する裁判で国際司法裁判所は “シンガポールが主権者の資格で行った事に対してマレの時坊長い間見逃した”と言う理由でマルレシアに非常に近くてシンガポールで遠く離れている島をシンガポール領土で認めた.
最近タイランドではプリなの非ヒアヒンズー教寺院を置いて年間であるデモが起っている.この社員は本来タイランド領土だった.しかしカンボジアを殖民支配したフランスが違うように製作した指導をタイランドが長い間知らん振りをした.後でタイランドは国境守備隊まで動員して 13年間駐屯してこの社員をタイランド領土で管理したが国際司法裁判所の判決は冷情だった."タイランドは長い間過ち製作された地図を見逃したしタイランド下級軍隊の駐屯は領土紛争に何らの意味がない.直ちに撤収しなさい." こんなに黙認をやらかした罪でタイランドは自分の固有した領土をカンボジアに越すしかなかった.

韓国言論は '紛争指話戦略打令'を故障したレコード版のようにつけるのにそれでは日本の目的は独島を紛争誌で作るか?ない.もう世界的に有名な紛争誌になったが再びいつも続いて紛争誌で作るために挑発するという話は精神病者のうわごとよりもっと気が抜ける変な言葉だ.そして紛争誌になると必ず日本領土になるという保障はどこにもない.日本の実在的な目的は独島を紛争誌ではなく日本領土で作るのだ. 世界どの国も領土をペアッギために紛争指話戦略を書く国はない.領土を置いて挑発をすれば自動で紛争誌になるからだ.
問題はこんなに相手国家の挑発が続く領土に対していくら徹底的な領有意志を現わすのかが問題のカギだ.私たちの見せてくれた姿勢は領有意志の不在,すなわち国際社会が見る時に領土放棄意思に見なされる可能性さえある非常に誤った対応だった.実際に日本戦略の核心は韓国の無対応,すなわち国際法の上韓国が黙認をずっとやらかすようにすることだったしこの戦略は成功した.日本が韓国に植えておいた自称専門家集団と韓国言論の無知が結合されて韓国政府にとって長い間黙認をやらかすようにしたからだ.

日本は 1954年独島を置いて日本領土を侵略したと韓国を国際司法裁判所に提訴した.しかし韓国は国際司法裁判所の強制管轄権を収容しなかったから日本の一方的な提訴は何らの役に立たなかった.実際状況がこうであるのにも '国際司法裁判所に連れて行こうとする日本の紛争指話戦略に巻きこまれてはいけない'と言う要説は数十年間何らの修正いなくそのまま続いて韓国は領土を自ら日本にがジョだ捧げるしかない怪行をやっぱり数十年間続いている.皆が国際法の基本法理に無知だからもたらす出たらめな悲劇だ.
何らの法的,政治的根拠がない妖怪 '日本の紛争指話戦略'の呪いで解けなければ韓国は自ら滅亡のグロングに転んで落ちるでしょう.すべての領土は相手が挑戦すればすぐ紛争誌になるのにあの時その挑戦に対立して戦うことができなくしたら領土を奪われるしかない.韓国を食べることは本当に易しい.ソウルをどんな国が自分の地だと主張すればあの時も対応すれば紛争誌になったらじっといなければならない.描けば黙認が積もって結局ソウルを渡してやらなければならない.その次は京畿道を主張すれば良い.

'日本の紛争指話戦略'と言う(のは)表現は結局日本が韓国政府と国民の国際法の上無知を悪用して独島をペアッギのための述策で広げた作戦だった.そして成功した.私たちの無知とオリソックウムで国と領土を越す事が繰り返されてはいけない.気を付けよう.

2008.7.25.

独島本部www.dokdocenter.org

関連
内容 関連内容がないです


 
 






研究資料叢書 1,2,3,4冊改訂増補版発行  

  
独島侵奪の先鋒にある日本島根県の Web竹島問題研究所 .. 









 
 

 Copyright ? 2001.独島本部.All rights reserved
電話 02-738-8150 送信 02-725-4190 eB-Mail : dokdo8150@korea.com
後援 :国民銀行 024-047973-01-019(独島本部)




TITLE:独島本部
DATE:2009/01/19 19:20

  • 最終更新:2009-03-06 17:16:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード