李氏朝鮮の隠された歴史 | 伝統 705|4

李氏朝鮮の隠された歴史 | 伝統 705|4 
96144| edomura33 | 2008.12.23 19:44:58

 
李氏朝鮮 ── 1392年の成立から1910年の日韓併合まで、実に27代500年余の間、朝鮮半島に君臨したコリア史上最後の王朝です。

その李朝最後の王であった純宗皇帝が、1910年、日本による韓国併合によって退位「させられた」事を以て、「奪国王」と韓国は主張しています。

しかし、その李朝が実は「造船_人の王朝では無かった」


李朝の創業者である李成桂 ── 太祖は、高麗王朝に仕える有力な武将として、自身の出身地である半島東北部の咸鏡道の守備軍を統率する「咸鏡道万戸兼東北面兵馬使」と言う官職にありました。

然し、当時の高麗宮廷内は、北元(モンゴル)に付く親元派と、新たに南京で勃興した明朝に付くべきとする親明派の二派に分かれ、激しい派閥抗争を繰り広げていました。

その様な情勢の中、北元の事を快く思っていなかった李成桂に、高麗宮廷が明の支配する遼東半島攻めを命令。李成桂は心ならずも出陣し、北の大河、鴨緑江沿いに布陣します。李成桂はここで一世一代の大博打を打ちました。

鴨緑江沿いに布陣していた自軍を反転させ、何と王都・開京へと進軍したのです。これが世に言う「威化島回軍」と呼ばれるクーデターで、李成桂はその儘、王都を攻略し、高麗最後の王である恭譲王を廃し、明朝に朝貢して自ら王位に即きました。これが李朝の創業である訳ですが、問題は李成桂の出自です。




李成桂が半島東北部・咸鏡道の出身であるのですが、問題はこの地域が、南から移住した高麗人(朝鮮_人)と、北から移住した女真人(満州人)の混雑地域だったと言う事です。つまり、高麗人と女真人の混血がいたとしても何ら不思議では無い地域、それが半島東北部であった訳です。それでは、李成桂の家系はどうであったのか?と言う事になりますが、李朝の正史である『李朝実録』(韓国では、『朝鮮王朝実録)の内、李成桂の事績を記した『太祖実録』の総序に以下の様な記述があります。

「太祖康獻至仁啓運聖文神武大王、姓李氏、諱旦、字君晉、古諱成桂、號松軒、全州大姓也。」

(太祖康献至仁啓運聖文神武大王は、姓が李氏、本名が旦、通名が君晋、嘗ての名が成桂、松軒と号し、全州李氏の出身である)

『太祖実録』の記述だと、李成桂は半島南部、現在も韓国・全羅北道の中心都市である全州に、そのルーツがあると言う事になります。然し、この記述を額面通り受け取る事が出来ない事実も又、存在します




李成桂の父は名を「子春」と言い、子の成桂と同じ「咸鏡道万戸兼東北面兵馬使」の官職を高麗王朝から授かっていました。然し、問題は「子春」のもう一つの名前です。彼には「吾魯思不花」(ウルス-ブハ Ulus Buqa)と言う蒙古(モンゴル)名があったのです。

そればかりか、李成桂の伯父達、詰まり、李子春の兄弟も、完者不花(オルジェイ-ブハ Ol?ei Buqa)、那海(ノカイ Noqai)、塔思不花(タシ-ブハ Tasi Buqa)と言った蒙古名を皆持っており、これらのの事実から、李成桂の家系が純粋な高麗人では無かった事は明白です。


高麗人と女真人が混雑していた出身地・咸鏡道の地域性と、父親兄弟が皆、蒙古名を持っていた事実から、李成桂の家系が、高麗人に女真の血が混じった混血だった可能性が高い訳です。そして李成桂の家系が、むしろ、女真人に高麗の血が混じった混血、あるいは、女真人そのものだったのでは無いかと簡単に想像できます


李成桂の四代前の高祖父は、名を「李安社」と言いますが、実は、彼の官職が問題なのです。

元朝(蒙古)の正史である『元史』には、李安社が、元朝に仕える地方官吏「達魯花赤」であったと記しています。

達魯花赤とは、蒙古帝国が占領併合した地域の統治官・行政長官として設置した官職で、現地の徴税・戸口調査・駅伝事務・民政一般・治安維持と言った行政全般を大汗(ハーン)に代わって執行した代官です。

そして、その達魯花赤には、稀に色目人(西・中央アジア出身者)が登用される事はあっても、原則として蒙古人(及び蒙古系女真人)が任命される事が慣例であり、当時の被支配階級であった支那人、ましてや「支那人の子分」に当たる高麗人が任官する事等到底あり得なかった訳です。

その達魯花赤に「高麗人」李成桂の高祖父である李安社が任官していた。通常では絶対あり得ない「高麗人」の達魯花赤任官。これは、李安社が「絶対あり得ない」異例中の異例としての任官を果たしたと言うよりも、寧ろ、李安社が高麗人では無かったと考えるのが極めて自然である訳です。

そして、それは取りも直さず、李成桂自身も純粋な「高麗人」では無かった ── おそらくは、女真人と高麗人の混血 ── だろうと言う答えに行き着きます。


李成桂の出自が高麗人(朝鮮_人)では無かったと推測出来ますが、女真人(満州人)を卑下し李朝の存在を否定するものではありませ。

此処ではっきりした事が一つあります。コリア最後の王朝として500年余にわたり、朝鮮半島に君臨した李朝が、実際は純粋な朝鮮_人の王朝では無く、満州人の王朝だったと言う事です。この事は、きちんと認識しておくきです。


日本が先の大戦に敗北した事が発端となり、朝鮮半島が独立を回復

── 彼ら言う所の「光復」 ── したのにも関わらず、何故、韓国も北鮮も、「奪われた国王」を復位、詰まり、王朝を復興しなかったのか?

英親王・李垠(イ=ウン/り-ぎん)殿下(下写真)は存命していました。


ひょっとしたらコリア人は、李朝の「出自」が自分達とは毛色(民族)を異にする満州人であると言う事を、無意識の内に悟っていたのかも知れません。詰まり、戦後のコリアに王朝が復興されなかったのは、日本の「奪国王」により王家が断絶した事が理由では無く、彼らコリア人が自らの意志として、王朝復興をしなかった事が主因である訳です。一方で「国王を奪われた」と言いつつ、復興する機会が到来したにも関わらず、敢えて「国王を復位させなかった」のです











IP xxx.191.xxx.121
i_seong-gye.jpg 59KB) 
Rishichosenmap.JPG (63KB) 
Yoshihito_in_korea_1907.jpg (225KB) 
 
 


印刷  削除申告    

wpdudgh|12-23 20:04       


前週李さんは李成桂の子孫です.李成桂が朝鮮を開国してから世宗大に竜飛御天歌が作られて前週李さん家門の系図が神格化になります. 李成桂家門はもとより咸境道ギョングフング地方に居住していました. しかし李成桂の 5対照の時から高麗の官職をしたし以後高麗の中央政界まで進出しました. そうする時搖り返し族出身と言うのが役に立つことができないので元々は南韓 (全州)地域人なのに北に移動したと言い繕うために前週李さんを採択したように見えます.咸境道ギョングフングは豆満江辺である韓国の最北端で実は高麗?朝鮮初までは朝鮮の領土ではない搖り返し族の領土でした. 世宗時キム・ジョンソ将軍が 6陣を開拓しながらこの地域は朝鮮の領土に編入されます.こんな地域出身なら当然搖り返し族という疑心を受けるはずだから高麗の中央政界に進出した李成桂のご先祖が前週李さんを採択したことはたぶん李成桂の祖父以前だと見えます. こんな点で李成桂が搖り返し族ではなく前週李さんというのが李成桂の出世と建国に役に立ったはずです. ..


wpdudgh|12-23 20:04       


しかし相変らず朝鮮は建国後にも李成桂家門の出身地である咸境道ギョングフングジヨックを国家の根本になる地域に聖域化して重視したし李成桂自分も王位を越した以後に咸興に耶居するなどによって搖り返し族という疑心を兔れることが難しかったです. それで世宗はキム・ジョンソをさせて 6陣を開拓してその地域を朝鮮の領土に確固にする一方竜飛御天歌を作ってご先祖を神格化することで朝鮮王朝の伝統性を確立します. 前週李さんの主張によれば前週李さんは離韓と言う(のは)粉餌キム・チュンチュの 10歳手と結婚してから始めるのに学界ではこの時から李安社父親までは作り上げた系図で見ています. 高祖父李安社 (木造) の間も搖り返しのダルハチ曽祖父移行里 (益鳥) の間も搖り返しのダルハチ祖父イツン (陶祖) 名前ベヤンティムル, サングソングチォンググァンブダルハチ伯父さんイザフング, 名前他市浮虚, サングソングチォンググァンブのダルハチ父親イザツン (丸彫) オルスブホ, サングソングチォンググァンブのダルハチ, 高麗に帰順李成桂 (太祖)..


wpdudgh|12-23 20:06       


以上の 5人と太宗を合して竜飛御天歌は解凍6竜だと言います. 見ることのように李安社と移行里は間島地域搖り返し族を治めるダルハチだったしイツンから高麗の咸興地域を治めるモンゴルの植民地サングソングチォンググァンブの官職を勤めます. ダルハチはモンゴルの官職でモンゴルで任命するが事実はその地域住民で選ぶことです, だからモンゴルが忠烈王などを任命することと同じのですね. だから李安社などが搖り返しのダルハチを執り行なったということはその自分も搖り返し族という証拠になるのです.


wpdudgh|12-23 20:06       


[蛇足] 太祖が退いた後ゾサウィをさせて太宗に反乱を起こしたがこの時搖り返し族が大挙李成桂の方に加わって争います. 搖り返し族は李成桂を同族で思いました. 後で清を立てた後琴の王室も同じな地域出身なので後琴は朝鮮を兄弟の国だと言って壬辰の乱の時援軍を送ると言ったし以後にもどうして同じな兄弟の国が明肩を持つと攻め寄せる丙子胡乱を起こすようになります


wpdudgh|12-23 20:08       


李成桂は搖り返し族と身近に過ごした高麗人子孫です ^ ^


amicus|12-23 20:13

<丶`∀´> 教科書には、そんなこと書いてないnida


shimesaba|12-23 20:31

満州人に500年も 収奪されつづけたのか それもまた悲劇だなw


gun_wu_park|12-23 20:39

李成桂は満洲人とモンゴル人の混血 kkk


endofshit|12-23 21:00

李成桂が異民族という疑心が常にあったんです. それで朝鮮時代反乱も多かったようで朝鮮人自体が北方係民族の混血でした.遠くは三国時代から周辺北方係民族たちと常にまじて来たし高句麗だけ見ても旺歪みたいな異民族たちが属していました.新羅の金さんの子孫が金国を建てたと言ったりします. 搖り返し族が韓半島では朝鮮を立てて中原では清を立てると思えますね..実は卵なら分かるほど複雑なことが韓国史であったようです.. 統一して満洲を収復しようとすればより一層複雑になりますね -_-


wearewarld|12-23 21:35

私の思うことも高麗はモンゴルが占領して以後煮こもうとするモンゴル衣装たちを受け入れることなどモンゴルの勢力が李氏朝鮮を建国したのがアニンがという疑心をして見る!


→ wearewarld|12-23 21:39     


それではハングルを作った世宗大王はモンゴル係!


jinzuu|12-23 21:44

まぁ、高麗王家も蒙古人との混血だしさ。どっちも似たようなものじゃないの?


sutebia|12-23 22:38

そりゃまぁ、どこかで血が入っていてもおかしくはないよね。


gussanp|12-23 22:46

韓国人は、四角い巨大な顔だから全部、モンゴルの婚血だよ。


→ endofshit|12-24 00:13     


それはお前の顔


im2297|12-23 23:07

出身がどうしてかかった, 朝鮮の国号は朝鮮民族の伝統に付いたし, 600年の間長い統治を果したのが前週李さんだ. 領土も非常に回復して置いた. (世宗大王- 前週李さん)韓国ではそれで一番高い官職に上がった人に使い走り対するようにぞんざいに取り扱うか...? それが伝統か...?


im2297|12-23 23:19

高麗のチョンモンズ, 朝鮮の世宗大王皆今韓国で担いでいる.


amenboakaino|12-23 23:25

任官する為に高麗人がモンゴル人と偽っていた可能性はないのだろうか?でも史料に無いのではこれは単なる妄想にすぎない。


dkswprnr|12-24 00:02

日製が作った李氏朝鮮でありなさいという表現は朝鮮を馬鹿にするために作った表現だ. あほうなやつよ.


→ amenboakaino|12-24 00:03     


衛氏朝鮮、箕氏朝鮮、李氏朝鮮と朝鮮は3つある。


→ dkswprnr|12-24 00:04     


李氏朝鮮でありなさいという表現は相手を見下す表現だ.


→ amenboakaino|12-24 01:02     


単なる区分に過ぎないから見下すとかそういう意味は無いよ。韓国人が見下す意味をつけるなら別だけど。


dkswprnr|12-24 00:04

これは日本王が百済係だ. という話のようだ.


→ amenboakaino|12-24 01:02     


それは全く証拠が無いw


dkswprnr|12-24 00:07

何も分からないようだ. 李成桂の祖父は全羅道地方から上って来て咸境道に定着した人だ.


dkswprnr|12-24 00:08

どうして前週李さんという表現を書くか知れないようだ.


dkswprnr|12-24 00:08

実際全州から咸境道地方で定着したのだ.


dkswprnr|12-24 00:11

リソングギェが半島東北部・咸境道の出身ですが, 問題はこの地域が, 南側でイ・スハン高麗の(朝鮮_イン)と北でイ・スハン搖り返しである(満洲人)ウィホンザブ地域だったと言う仕事です.すなわち,高麗人と搖り返し人の混血があったと言っても何らの変ではない地域, それが半島東北部で会った (意味)理由です.それでは, 李成桂の家計はどんなにで会ったのか?こんなに言うのがなりますが, 朝鮮王朝のMasashiである「朝鮮王朝実録」(韓国では, 「朝鮮王朝実録)中, 李成桂の業績を書いた 「太祖実録」の叢書に以下のような技術があります. < 李成桂が満州族との混血で生まれた証明がない.


dkswprnr|12-24 00:12

祖父は全羅道地方から上って来て咸境道に定着したのです. 中学生も分かる知識です.


amenboakaino|12-24 01:11

出身を偽って任官した場合だとコネはどうやって作ったのだろう?


  • 最終更新:2009-03-06 10:55:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード