歴史修正主義

 

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
歴史修正主義(historical revisionism)とは、
 
 新しく発見された史料や、既存情報の再解釈により、歴史を叙述し直すことを主眼とした試みのこと(歴史学における用法)
 
 従来の歴史観と違う歴史観を主張する者に対して「客観的な歴史学の成果を無視し、自らに都合の良い過去は誇張や捏造したり、都合の悪い過去は過小評価や抹消したりして、自らのイデオロギーに従うように過去に関する記述を修正するもの」として批判する場合に用いられる言葉(通俗的な用法)
 

  • 最終更新:2009-02-09 08:02:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード