独島妄言 1951年1 COM



1951.01.04. Korean Embassy In Washingdon DC USA 1951a "A letter to Mr Dean Acheson (Secretary of Staate) from John M chang (Korean Ambassador)" 1951/1/4 (USNARA/694.001/1-45 CS/H)


1951.01.20. Korean Embassy In Washingdon DC USA 1951b "A letter to Mr Dean Acheson (Secretary of Staate) from John M chang (Korean Ambassador)" 1951/1/20 (USNARA/694.001/1-2051)


1951.01.25. II 第1次交渉 ダレス特使来日。

 1951年(昭和26年)1月25日、羽田に到着したダレス特使一行は、2月11日に離日するまで3度にわたって吉田総理と会談し、また事務レベル折衝において具体的問題を協議しました。
 交渉の冒頭において、日本側は講和問題への基本姿勢を示した「わが方見解」を交付し、その中で沖縄・小笠原諸島の信託統治に関して再考を要望しました。しかし米国側は、「領土問題は解決済」との立場を崩しませんでした。
 その後交渉は、日本の安全保障と再軍備を中心に進められました。安全保障問題については、事務レベル折衝において日本側が準備作業に基づく日米安全保障 協定案を提案したことにより協議が進展し、平和条約とは別個に取極を結ぶこととなりました。また再軍備問題は、日本側が「再軍備の発足について」という文 書を提出して譲歩を示しました。この間において、米国側は「仮覚書案」を交付して米国の平和条約構想を日本側に示しました。そして2月9日、日米合意の印 として、関係5文書に両国間でイニシアルが行われました。
 本項目では、第1次交渉における日米間の会談記録や双方が提出した文書を中心に、全29文書を採録しています。


1951.01~02月 日本に滞在したダレス特使が、草案を書く

1951 年1月から2月にかけて日本に滞在したダレス特使が、(フィリピン、オーストラリア、ニュージーランドを歴訪した後)帰国後数週間で草案を書き上げ、3月 19日には「事実上完成」し、3月20日に米上院へ講和案が提出されます。3月29日付けの朝日新聞では、「米の対日講和草案はすでに完成、関係15ヶ国 に配布中だという」とあります。
(Kaneganese@Dokdo or takeshima)


1951.02.03. Provisional Memorandom (日米事務レベル折衝(第三回)にて、ダレス特使より受領)

Territory
Japan rwould renouce all rights and titles to Korea, Formosa安dてぇPescadores, and accept a United Nations tるs手絵師pウィthてぇUnited States as administering authuority over the Ryukyu Islands south of 29' north latitude, the Bonin Islands, incruding Rosario Island, the Volcano Islands, Parece Vela and Mercus Island............
(「日本外交文書 サンフランシスコ平和条約 対米交渉」外務省2007 P230)


1951 03.01 朝日新聞「講和促進を指示 ト大統領、ダレス特使に」(昭和26年3月1日)
1951 0310 朝日新聞「対日講和の報告書 ダレス氏、米外交委に提出」(昭和26年3月10日)
1951 0319 朝日新聞「条約案は事実上完成 ダレス氏の準備進む」(昭和26年3月19日)

(部分拡大_1)
(部分拡大_2)
(部分拡大_3)



1951 0320 朝日新聞「今日米上院へ ダレス氏講和案提出」(昭和26年3月20日)

kaneganese@dokdo or takeshima


1951 0320 朝日新聞「米に連絡使節常駐 政府黄田氏を起用か」(昭和26年3月20日)
(↑ 講和条約とは関係ありませんが、旧日本外地情況雑件 2. 行政の分離に関する第一回会談録(終戦第一部第一課)で名前の出てきた黄田(おうだ)氏と同一人物と思われる方のの名前が出てきたので、ついでにあげておきます。)

kaneganese@dokdo or takeshima


1951.03.20頃.アメリカ国務省が最初の対日講和条約草案を韓国政府に手交すると(注5)


(注5)金東祚『回想30年 韓日会談』1986 10p(邦訳『韓日の和解―日韓交渉14年の記録』林建彦訳 サイマル出版会1993)
太田修『日韓交渉~請求権問題の研究~』2003年3月25日刊(クレイン=出版社名)
72~73p
matsu@dokdo or takeshima

1951.03.23.Provisional U.S. draft of a Japanese Peace Treaty (Mar. 23, 1951)


1951.03.27.III 米国草案が日本に提示される。

 3月27日、米国より平和条約草案(全22条)が提示され、日本側は4月4日付覚書をもって、案文への若干の修正意見を付しつつ、内容には異存のない旨を回答しました。
 また、それより前の3月17日には、日本は「イニシアルされた文書に対する日本政府の意見および要請」を提出し、米国が日本防衛の責任に対し明確にコ ミットするよう日米安全保障協定案の修正を求めました。しかし米国側はこれに応じず、日本は自衛力がないので相互安全保障の取極をなしえないと回答しまし た。
 本項目では、第1次交渉と第2次交渉の間に日米間でやりとりされた文書を中心に、全12文書を採録しています。



PM5:00 Siebold から吉田茂首相が受領した仮草案(Provisional Draft of Japanese Peace Treaty(Sugegstive Only)



ChapterⅢ Territory、

3.Japan renouces all rights, titles and claims to Korea
のみの掲載となっております。P333~334


1951年3月付け米国草案(サンフランシスコ平和条約)に対する韓国側意見書
http://ja.wikisource.org/wiki/FRUS#Request_From_Korea_1951.08.02
SECRET
Comments on Korean Note Regarding U.S. Treaty Draft
(Numbers correspond with those pencilled in the margin of the note)

1. Korea should be specifically designated an Allied Power--Korea's status as an Allied Power will of course be made clear if it is decideed to include Korea in the list of potential signatories in the Preamble of the May 3 draft.
2. Korea should be permitted to sign the treaty,as Poland was the Versailles Treaty--On examination Korea's case for participation in the treaty does not again much support from the example of Poland after World War Ⅰ. The Polish National Committes set up in Paris in 1917 under Paderewski was "rerecognized" and dealt with by all the principal western Allies. Although I have been unable to nail(?) down the fact that it declared war on Germany it was set up for the purpose of fighting Germany and liberating Poland and can therefore be assumed to have done so. When Germany surrendered the Committes and the Regancy Council, which had been set up by the Central Powers at Warsaw, got together and formed a Provisional Government of Poland which was recognized as such by the Powers before the Versailles Conference was convened. Poland had an army fighting in France even before 1917.



1951.03.27 Provisional Draft of a Japanese peace Treaty  (Sugegstive Only)

Chapter ⅢTerritory


3.Japan renounces all rights, titles and claims to Korea, Formosa and the Pescadores; and also all ights, titles and claims in connection with the mandate system or deriving from the activities of Jpaanese nationals in the Antarctic area.....
(「日本外交文書 サンフランシスコ平和条約 対米交渉」外務省2007 P334)





1951.04.01.「講和草案の全容きょう発表 ダレス氏演説」(朝日新聞 昭和26年4月1日)

1951.04.02.「対日講和草案の概要 ダレス氏、講演で明示」(朝日新聞 昭和26年4月2日)

(Kaneganese@Dokdo or takeshima)



1951.04.04.日本側は4月4日付覚書をもって、案文への若干の修正意見を付しつつ、内容には異存のない旨を回答しました。



1951.04.04 3/27の仮草案に対する、井口次官からシーボルトに出された日本側の意見書


この朝鮮の放棄の件に関しては特に意見は書かれていません。P351


1951.04.07日付イギリスによる草案( U.K. Draft made on April 1951)
      では、日本の主権が残る島と、日本が放棄する領土の間を緯度、経度を用いて線を引く事を記載している。

(おそらく、これに添付されていたと思われる地図では、竹島は、朝鮮区分だったと考えられる)


Part I. - Territorial Clauses
ARTICIE l
Japanese sovereignty shall continue over all the islands and adjacent islets and rocks lying within an area bounded by a line from latitude 30°N, in a north-westerly direction to approximately latitude 33°N. 128 ° E. then northward between the islands of Quelpart, Fukue-Shima bearing north - easterly between Korea and the island of Tsushima, continuing in this direction with the islands of Oki-Retto to the south-east and Take Shima to the north-west curving with the coast of Honshu, then northerly skirting Rebun Shima passing easterly through Soya Kaikyo approximately 142° E., then in a south-easterly direction parallel to the coast of Hokkaido to 145° 30’ E. entering Numero Kaikyo at approximately 44° 30’ N. in a south-westerly direction to approximately 43° 45' N. and 145° 15' E., then in a south-easterly direction to approximately 43° 35' N. 145 ' 35' E., then bearing north-easterly to approximately 44° N., so excluding Kunashiri, and curving to the east and then bearing south-westerly to include Shikotan at 147° 5' E., being the most easterly point, then in a south-westerly direction with the coastlin6 towards the Nanpo Group of Islands curving south to include Sofu-Gan (Lot's Wife) at 29° 50' N., veering to the north-west towards the coast of Honshu, then at approximately 33° N. turning south-westerly past Shikoku to 30° N. to include YakuShima and excluding Kuchino Shima and the Ryuku Islands south of latitude 30° North. The line above described is plotted on the map attached to the present treaty (Annex I).(') In the case of a discrepancy between the map attached to the textual description of the line, the latter shall prevail.
1951.04.16.第2次交渉1951年4月16日に再来日したダレス特使 IV 第2次交渉
 1951年4月16日に再来日したダレス特使は、マッカーサー連合国最高司令官の解任後も平和条約に関する米国政府の政策には変更がない旨を明らかにしました。
 また、米国側が英国作成の平和条約案を内示して日本側意見の提出を求めたのに対し、日本側は、英国案は戦勝国が敗戦国に課する性格の条約であり、米国案の方がはるかに望ましいと回答しました。
 さらに対比賠償問題では、米国側よりフィリピンの感情を考慮した対処が必要であるとの提言があり、日本側はフィリピン海域における沈船引揚を研究してみるとの趣旨の文書を提出しました。
 なお、ダレス離日(4月23日)後の5月中旬、米国側より中国代表問題に関し日本側の意向を質すところがあり、日本側は国民政府が別個の儀式で別の謄本に署名する方法を最善とすると回答しました。
 本項目では、第2次交渉における準備資料、会談記録および会談で提出された文書を中心に、全20文書を採録しています。


1951.04.16、韓国政府は外務部に「対日講和会議準備委員会」(後に「外交委員会」と改称)を組織し(注6)、対日講和条約草案の検討作業と対応策の立案作業を進めた。


(注6)委員長は張勉総理、委員は趙炳玉内務部長官、金度演法務部長官、裴廷鉉大法官、兪鎮午前法制処長、崔斗善東亜日報社長、張基栄韓国銀行総裁、孫元 一海軍参謀総長、洪鐘仁朝鮮日報主筆、林松本殖産銀行総裁、洪?基法務部法務局長、李建鎬・朴在摂高麗大学教授などだった。
兪鎮午「言い残して置きたい話 韓日会談(7)」『中央日報』1983年9月5日
金東祚 前掲書 11p


太田修『日韓交渉~請求権問題の研究~』2003年3月25日刊(クレイン=出版社名)
72~73p
matsu@dokdo or takeshima



  • 最終更新:2012-10-15 19:01:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード