現在の価値観で過去を見るな 2

2008年06月18日
 
■歴史改竄派の大好きな詭弁「現在の価値観で過去を見るな」について


否定派(歴史改竄派)が、日本軍の加害行為に対してだけ口にする「現在の価値観で考えるな」という主張について、妥当な考えなのかどうか考察してみます。この言葉は一見もっともらしく聞こえ、意外に騙される人が少なくないのですが、まずはその一例を秦郁彦氏の著書から引用します。



秦郁彦 徹底検証 朝日vs.NHK全面戦争の逆転劇…『諸君!』2005年3月号、『歪められる日本現代史』2006年2月 p147より

山田朗『歴史修正主義の克服』2001年12月 p85~86、p143~145より

 

  ------------------------------------------------------------------------------------------
 


 



要するに、歴史を理解するためには当時の人々の視野には何があったかを認識するだけでなく、当時の人々の視野には何が欠けていたのかの両方を認識することが重要だというわけです。そのためには現在の価値観を通して考えることが不可欠であり、それを「当時の価値観だけで考えよ」というのならば、過去の人々が行なった行為はすべて「仕方がなかった」で済ませることになり、歴史というものから何も学んだことにはならないのです。

 
 
最後に、前述の秦氏の主張にはこれ以外にも事実誤認が見られるので簡単に指摘しておきます。まず当時、公娼制度があったことは事実ですが、秦氏が述べているような(本人の意思に反した)親による身売りが法的に認められていたわけではありません。だから合法とは言えないです。

 

公娼制度が合法だったから「慰安婦」制度も違法ではないというウソ


 

そして秦氏は、韓国では「身売り」による慰安婦が一番多かったと述べていますが、何を根拠にしているのかは不明です。名乗り出ている韓国人元慰安婦『20人のうち、親による身売りのケースは1件で、「職業詐欺」が12件、暴力が2件、誘拐拉致が2件、その他1件。』(アジア女性資料センター『「慰安婦」問題Q&A』p37より)です。

 
 
読書メモ■山田清吉『武漢兵站』(脚注参照)




それから秦氏は売春業者が勝手に慰安所に連れて行ったような言い方をしていますが、当時の厳しい渡航制限から考えて軍の要請などでなければ警察は渡航証明書を発給しないはずです。つまり慰安婦の徴集は軍が主体であり、業者はその手先として使われただけです。

 
 
慰安婦は業者が勝手に集めたというウソ




以上ご覧いただいたように「現在の価値観で過去を見るな」という主張そのものが、誤った考え方であるだけでなく、秦氏が当時の価値観として述べている内容自体もまた事実に反することがわかります。結局「現在の価値観で過去を見るな」という主張は、日本軍が犯した罪を免責したいだけの"思考停止語"に過ぎないのです。

  • 最終更新:2009-02-08 14:11:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード