竹島は日本の固有領土か? 1

2008年08月05日
 
■竹島(=独島)は日本の固有領土か?
 
 
自分自身の勉強も兼ね、今後、竹島(=独島)問題の記事を紹介していこうと思います。
 
 


<寄稿>独島は日本の「固有領土」か? 朴炳渉 2006-05-10


外務省ホームページに見る薄弱な根拠

独島問題 歴史的・根本的に考える



正しく知らない実状
 
昨年、島根県が「竹島の日」条例を制定したことに韓国が猛反発して一騒動あったが、今年は日本が独島(竹島)周辺の海域を測量しようとしたため韓日両国間で衝突寸前の悶着があった。これに関連して廬大統領は特別声明を出し「どんな費用と犠牲があっても、決してあきらめたり妥協したりできない問題」と決意を語るほどであった。

これまでにも独島問題は韓日間でしばしば大騒ぎになるが、その割には日本で独島の歴史的背景が正しく知られていないのが実状である。

そのいい例が外務省のホームページである。ホームページは「竹島は日本の固有領土」と書いているが、実はこの根拠がはなはだ薄弱なのである。その外務省の主張を多くの日本人はそのまま信じているが、そこにどのような問題点があるのか、この稿で明らかにしたい。



1.江戸時代の「竹島拝領」という記録
 
外務省のホームページ「竹島問題」は独島を「日本の固有領土」とする根拠の第1点目をこう記した。

    • 「江戸時代の初期(一六一八年)、伯耆藩の大谷、村川両家が幕府から鬱陵島を拝領して渡海免許を受け、毎年、同島に赴いて漁業を行い、アワビを幕府に献上していたが、竹島は鬱陵島渡航への寄港地、漁労地として利用されていた。また、遅くとも一六六一年には、両家は幕府から竹島を拝領していた」

外務省は大谷家に伝わる私文書を引用したのか、同家などが欝陵島や独島を幕府から「拝領」したなどと記すが、これは我田引水といっていい。江戸時代、武士でない大谷、村川家のような町人が幕府から領土を拝領することはあり得なかったのである。

もちろん「拝領」を裏づける公文書など存在しない。存在するのは、両家が竹島(欝陵島)へ渡海することを許可した老中連署の鳥取藩への書状のみである。大谷家はそれを誇大に「竹島拝領」と表現したのである。誇張表現は私文書では日常茶飯事なので、そのような私文書などを領有権の根拠とするのは妥当でない。

独島の領有権論争においては、国家の領有意識がどうであったかが鍵になるので、それを示す公文書の存在がきわめて重要である。今から50年前の外務省もそう考えたのか、韓国政府との独島論争の書簡において、領有権の根拠として『隠州視聴合紀』(1667)を持ちだしたことがある。この書は隠州の郡代である斉藤豊仙により書かれた隠岐国の見聞録であるので公文書に準じるといってよい。

斉藤は、同書のなかで日本の西北は「此州」すなわち「隠州」が限界であると記した。その際、斉藤は松島・竹島を隠州に含めなかったのである。ここにいう松島は今日の独島、竹島は欝陵島をさす。それにしたがい、この稿では江戸時代における両島の日本名を松島、竹島とする。

松島・竹島をよく知る斉藤が、両島を日本の限界の外、すなわち領土外と考えていた事実は重要だ。その背景だが、斉藤は大谷・村川両家の竹島(欝陵島)への渡海船を異国へ渡る朱印船のように考え、村川船について「村川氏、官より朱印を賜り大舶を磯竹島に致す」と同書に記録している。磯竹島は竹島を指すが、斉藤は松島・竹島を日本の地でなく、異国と考えていたようである。

日本政府はこの『隠州視聴合紀』を引用して松島・竹島を「日本の西北部の限界」だったと主張したのである。これは同書に書かれた「此州」を「この島」すなわち松島・竹島であると曲解したことによる。日本政府の解釈が無理であることは同書を底本にして増補した『隠岐国古記』の記述でも明らかだ。同書は「日本の乾地(いぬいち、西北の意味)此国を以て限りとする」と書き、「隠岐国」を日本の西北の限りとした。

さらに、これに関する徹底的な論証が最近では名古屋大学の池内敏教授によりなされ、松島・竹島が当時は日本の領土外だったと結論づけられた。さらに、外務省があげた当時の代表的な地図である長久保赤水の「改正日本輿地路程全図」(1779年)においてすら、両島を日本領と見るのは困難である。同図で松島・竹島は朝鮮半島と同じく無色に彩色されたので、両島は異国と見るのがむしろ妥当である。



2.松島(独島)の所属

外務省のホームページは独島を日本の「固有領土」とする根拠の2点目をこう記した。

「一六九六年、鬱陵島周辺の漁業を巡る韓日間の交渉の結果、幕府は鬱陵島への渡航を禁じたが(「竹島一件」)、竹島(独島)への渡航は禁じなかった」

外務省は「竹島一件」を韓日間の漁業交渉としているが、実は、これは竹島(欝陵島)をめぐる朝鮮王朝と日本との領有権交渉であった。領有権論争に敗れた江戸幕府は、日本人の竹島への渡航を禁止したのである。その際、幕府はたしかに松島(独島)への渡航を禁じなかった。といっても、幕府は同島を日本領と考えていたわけではない。それどころか、当時、江戸幕府は松島の存在自体をほとんど知らなかったのである。

実際「竹島一件」の時、幕府は実情把握のため鳥取藩に「竹島の他に両国へ付属する島はあるか」との質問書を出したほどであった。文中の両国とは鳥取藩が支配する因幡国・伯耆国を指す。幕府は異例の渡海申請があった竹島を知ってはいても、松島をほとんど知らなかったのである。

それも無理のないことだ。幕府の地図に竹島や松島は記載されていなかったからである。当時の幕府の地図は各藩が作成した国絵図が中心だが、竹島に関係の深い鳥取藩自体、松島・竹島を自藩領でないと確信していたので、鳥取藩や幕府の地図に松島・竹島がないのは当然である。しかも松島は竹島とちがって渡海許可書などもないので、幕府が松島を知らなかったのも無理はない。

竹島が鳥取藩に知られるようになったのは、1620年ごろだった。米子の回船問屋である大谷家の船が漂流中に竹島を偶然見つけた。その島は、朝鮮政府が倭冦対策のため空島政策をしいていたので無人島だった。しかも同島は自然資源が豊富な宝の島だった。そこで、大谷・村川両家は鳥取藩を通じて幕府から渡海許可を得て、竹島で数十年間にわたり漁労などを行った。その際、両家は幕府老中の内諾を得て松島で多少の漁労を行った。しかしながら、幕府内ではそうした事情が伝承されなかったのか「竹島一件」当時、幕府は松島をほとんど知らなかったのである。

一方、松島・竹島をよく知る鳥取藩であるが、竹島(鬱陵島)渡海許可が幕府から出されたことから、両島は幕府所管であり、自藩領ではないと同藩は考えていたようである。したがって、鳥取藩が幕府の質問書に対して「松島・竹島その他、両国へ附属する島はない」と回答したのも自然な成りゆきであった。

結局、鳥取藩からの回答で「竹島は因幡・伯耆の付属ではない」「松島・竹島その他、両国へ付属する島はない」とされたことが決め手になり、幕府はついに竹島の放棄を決定し、それを朝鮮国へ伝えて「竹島一件」は落着した。朝鮮への書簡では松島(独島)にふれなかったが、幕府は領主のいない松島も日本領でないと判断したことは明らかである。江戸時代、領主のいない日本の領土はあり得なかった。

外務省はホームページで独島を「固有領土」とする理由に上記の2点のみをあげたが、それらは上に論証したように、いずれも根拠が薄弱である。さらに特筆すべきは、日本には独島を日本領とする江戸時代の公文書や官撰地図は存在しないのである。



3.明治政府は独島を日本の領土外と宣言

  • 最終更新:2009-02-08 04:56:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード