竹島問題 RETURNS (月見櫓)

月見櫓
日韓翻訳チャットを通して見る韓国

竹島問題 RETURNS


2006/05/07(日) 15:17:55

正直なところ筆者は竹島問題には大変疎く、「この問題は政府と専門家に任せときゃいーじゃん」と放り投げてるのが竹島問題に対する主な姿勢です。しかし日韓チャットの常連日本人会員には「政府と専門家に任せとけるか」ってな方が結構いらっしゃって、時々気が向いたら教えてもらったりしています。

で、昨日竹島問題をネタにしたおかげで、竹島問題について色々調べたり教えてもらったりして、相変わらず知識的には貧弱ですが、それでも以前よりは多少概要が理解出来たんじゃないかなと思っています。

ところで「竹島問題終了」をUPしてから日付が変わった本日深夜、日韓チャットで出された竹島問題ネタに「独島に対する韓国政府の立場」というのが出されました。

以下にその全文を記載します(後日消される可能性があるので)。


Title 独島に対する韓国政府の立場

Date 2006-05-02
Contents

独島に対する皆様の関心と愛情に感謝申し上げます。
皆様の独島に対する情熱が大切な韓国の領土、独島を守る大きな力になると信じます。
皆様が独島に関して聞きたい事項に対する答弁を以下に掲載しました。
独島に対する皆様の理解が深まりますよう、期待します。

独島に対する政府の立場


独島が韓国の土地という政府の立場は、非常に確固たるものです。

- 独島は歴史的・地理的にも国際法上において韓国固有の領土であり、したがって韓・日間の外交交渉の対象にあたらないというのが韓国政府の確固たる立場です。
韓国政府は独島に対する日本の不当な主張に対して、厳重に対処しています。

- 韓国政府は、これまで独島に対する韓国の領有権を損傷させようとする日本側のいかなる試みに対しても外交ルートを通じ断固とした措置を取っており、今後も日本のこのような動きに対しては継続的して厳重に対処する方針です。
ただし、独島は韓国が‘実効的に支配’しているだけに、国際的に“紛争地域”という印象を拡散させることがあってはいけないという観点から、冷静に対処する必要があります。

- 日本の不当な主張(unfounded claim)に対する感情的な対応は独島の‘紛争地域化’を招き、結果的に韓国の領有権を強固なものにするのに望ましくないためです。
      • ‘実効的支配’は国家権力の継続的で平和的な行事(continuous and peaceful display of sovereignty)がカギ

- 独島問題を慎重に扱わなければならない理由は、独島問題が国際紛争の対象となることを遮断しつつ、韓国の実効的支配を継続することこそが独島領有権強化のための最善の方策であるためです。


韓国の独島領有権に関する根拠


独島が韓国の固有領土という事実は、韓国と日本の多くの文献および地図により立証されています。韓国は長い歴史を通し、独島を韓国の領土として継続して占有してきており独島に対する歴史的権原(historic title)を有しています。

独島が韓国に帰属するという点は、カイロ宣言でサンフランシスコ対日講和条約にいたる第2次世界大戦の戦後処理過程で連合国最高司令部の措置、およびサンフランシスコ対日講和条約により確認された事項です。
- 1946年連合軍最高司令部の訓令(SCAPIN)第677号は日本統治区域を日本本州と隣接する島嶼だけに限定し、独島・鬱陵(ウルルン)島・済州(チェジュ)道は明確に除外しており、第1033号は日本船舶と船員の独島接近を禁止しています。

独島は地理的にも日本より韓国領土に近く位置しており、韓国領土の不可分の一体を成しています。
― 鬱陵(ウルルン)島から独島まではわずか47.2海里ですが、独島から日本の島根県隠岐島までは85海里です。それゆえ、独島との距離が近い韓国が古来から自然に独島を発見、利用し実効的に統治してきたことには疑いの余地がありません。これは歴史上、独島が鬱陵(ウルルン)島の属島として鬱陵(ウルルン)島統治を担当した韓国の官憲により管理されてきたという事実からわかります。


独島と‘韓・日漁業協定’との関係


1999年、韓・日間で締結された漁業協定と独島との関係に対する一部の憂慮すべき点があります。
しかし漁業協定は‘漁業’に関する問題だけを扱っており、独島領有権とは何の関係もありません。

― 韓・日漁業協定が独島の領有権を傷つけたという主張がありますが、漁業協定は単に漁業に関する問題だけを扱うので独島領有権問題とは何の関係もありません。

― 韓・日漁業協定第15条も、この協定の規定が漁業に関する事項以外の国際法上の問題に関する各締約国の立場を害しないと規定しています。
独島とその領海12海里は東海の中間水域に含まれません。

―‘韓・日漁業協定’は‘排他的経済水域(EEZ)’を対象にしています。したがって、独島とその領海12海里は漁業協定の対象水域ではありません。
  • * 国連海洋法協約上、排他的経済水域はその定義上領海外に設定される水域である。

― したがって、独島とその領海12海里に対しては韓国が独自的な管轄権を行使しており、日本をはじめとするいかなる国も韓国の許可なしには侵すことのできない区域なのです。
漁業協定と独島領有権問題は関係がないということは、国内外の判例により後押しされています。

―特に、国際司法裁判所(ICJ)は、1953年英国とフランス間のマンキエ・エクレオ諸島領有権紛争事件で、紛争島嶼水域に漁業協定を締結し、共同漁労水域を設定したことは領有権問題に影響を及ぼさないとの判断を示しました。

―また、韓国の憲法裁判所も2001年3月21日、 韓・日漁業協定憲法訴訟事件を棄却し、同協定は独島領有権問題と関係がないと判断を示したことがあります。
韓・日漁業協定は、両国間排他的経済水域境界画定問題を扱っていません。

―韓・日漁業協定は、韓・日両国間排他的経済水域境界画定が形成される時までの両国間漁業秩序を構築するための暫定協定であり、韓・日両国間排他的経済水域境界画定を扱っていません。
海洋境界画定は一方の国家の一方的な主張によって決定されるものではなく、両国間の合意により決定されます。

―海洋境界画定は関係国間の合意により決定されるものであり、したがっていかなる島嶼がEEZ基点として使われるか否か、また使われる場合はどれだけの効果を持つかは両国の合意により決定されることです。
現在まで、東海EEZ境界線画定の基点と関連した独島の効果などに対しては決定されたものはありません。

―韓国政府は今後も国際慣行の発展と韓.・日間EEZ境界画定会談の進展状況を見つつ、東海EEZの境界を韓国に最大限有利に画定できるよう外交的努力をつくすでしょう。


Title 日本の朝鮮占領時代の独島(参考資料)

Date 2006-05-02

Contents

日本による植民地政策(1910-1935)により、韓国は、強制的に日本に併合され、独島は理論上は日本領となった。この状況は、1945年8月15日の日本の同盟軍への無条件降伏に伴い、韓国が独立国になったことにより変わる。日本の降伏を受けて発令された1946年1月26日の連合国最高司令部 (GHQ) 指令第677号(SCAPIN677号)は、独島を、鬱陵島、済州島と共に、日本の領土から除外し、これらの領土の管轄権を韓国に返還すると定めた。1946年6月22日に発令されたSCAPIN1033号では、独島の12海里内の“領海”への日本の船舶と船員の侵入を禁止した。独島は、完全に韓国領として復活した。

1952年1月28日、日本政府は、韓国に、同国が設定した“平和線”に抗議する外交文書送った。その中で、日本は、独島への支配権を主張し、韓日間の独島を巡る論争が始まった。

しかし、紀元512年から今日までの文献の中に見られる確かな証拠は、独島がたえず韓国領であった事実を明確に証明する。従って、日本の議論には根拠がない。日本の議論は根拠を欠いているので、独島問題に関するいかなる“議論”も存在せず、存在しえない。日本は、自主的に始めた議論に没頭しているだけであり、この議論は、大韓民国にとって加わる根拠のないものだ。歴史的に見ても、また現代の国際法においても、独島が紀元512年以来正当な韓国領であったことは、明白である。



さらっと読んだだけでも、日韓チャットやEnjoy Korea(Naver)で散々論破済みの主張が幾つか散見されます。

正直なところ、筆者はこれを見て日本側の対応よりは韓国政府の立場の方を心配してしまいました。こんな穴だらけの主張を提示して、後で突っ込まれたらなんと弁明するつもりなのでしょうか。韓国側がこんな主張を携えて国際法廷に出廷した日には、本人は完璧に理論武装したつもりで自信満々日韓チャットにやって来る韓国人と同じ運命をたどるのではないかと思います。

もっとも、逆にこんな穴だらけの主張を平気で提示するということは、「たとえ日韓が武力衝突(=戦争)することになったとしても、我々は国際司法裁判所には絶対に出廷しない」という韓国側の強い意思の表れなのかもしれません。完璧に理論武装したつもりで自信満々の韓国人も、日韓チャットの私たちの部屋に来なければ火達磨にされることはありませんから。

ところで、韓国側の政府見解が提示されたということは、日本側にとっては対処しやすくなったということでもあります。

日韓チャットにやって来る韓国人たちは、無条件に「ドクトウリタン」を連呼するだけの能無しが圧倒的大多数ですが、たまには彼らなりの一応の理論を携えてやって来る者もおります。

彼らが携えてくる「理論」は全て「ドクトウリタン」という結論が最初から決まっております。その為色んな資料を各人が恣意的に解釈しており、最後に「ドクトウリタン」と帰結することが決まってる以外は、いろんなバリエーションがあるそうです。

この辺りに関しては、筆者は詳細に突っ込んだ討論をしないので実はあんまり詳しくありませんが、竹島問題が得意科目の人たちの討論を見ていると、言ってる韓国人本人がその論旨を理解していなさそうな理論をぶち上げて、日本人側に力いっぱい突っ込まれているシーンをしばしば見かけます。

日韓チャットの常連日本人達は大変律儀な人が多く、「アホかお前」の一言で済むことでも「これこれこういう理由でお前の主張の根拠は無意味」とか「お前の提示したこの資料によるとお前の主張は矛盾している」とか丁寧に説明してから「アホかお前」と言っています。

筆者にはこの律儀さが無く、こういうのを見てるだけでも傍目に歯痒いのですが、韓国の政府公式見解が公表されたことにより、政府公式見解以外の韓国人のバリエーション豊富な主張は全て「それは韓国政府の公式見解とは異なるので論外」と一蹴出来ることになったわけです。

この韓国政府公式見解、あまりおおっぴらに宣伝していないようですが、おそらくおおっぴらにした瞬間にNaver住人や某巨大掲示板が一斉にネタにするのは間違いないと思われます(ここで公開したことで「おおっぴら」の一助になったら嬉しいなっとw)。

日韓チャットの竹島問題に詳しい日本人会員達は、既にこの文言の矛盾点を突きまくっております。おそらく近いうちにEnjoy Korea(Naver)や某巨大掲示板でもこの「韓国政府公式見解」は火達磨にされることでしょう。

そのときには上記の文章は改竄されるか、あるいはまったく削除されて無かったことにされるかのどちらかだと思われます。

もしかしたら伝家の宝刀「<∩`Д´> あーあーあー!聞こえないニダ!」を使うかもですが。




コメント


本日発売の週刊ポストには、先日の水路調査は海保の若手幹部の”クーデター”だったという記事がありますね。官邸、外務省がヘタレなので、国際紛争化を狙う計画だったというお話。もっとも取材力に定評のない同誌ですから、「ふ~ん」って読み飛ばしましたけど(笑)。
竹島問題はいくら論破しても話が進展しませんから、国際司法裁判所で白黒つけてもらった上で、勝訴となれば、断固実力行使するしかないでしょうね。

2006/05/07-15:51 | URL | 神無月 #-[ Edit]


やっぱ、戦争かなぁ~
この問題、将来とんでもない形で噴き出す気がしてなりません。

えっ、そんな事あるわけない?

そうゆうアナタ、当然10年前に「9.11テロ」も「イラク戦争」も「拉致問題」も「韓流ブーム」も(ついでに「嫌韓ブーム」も)予測してたんですよね?



2006/05/07-18:44 | URL | 街の常識人 #B6zq2Yg6[ Edit]



ハングル語版政府報道資料
日本語版は5月2日に掲載されていますが、国民向けであるはずのハングル版はまだですね。政府報道資料自体が5月1日で止まっています。

>そのときには上記の文章は改竄されるか、あるいはまったく削除されて無かったことにされるかのどちらかだと思われます。

無かったことにされる公算が・・・・・・ w

2006/05/07-19:52 | URL | TokyoCat #X.Av9vec[ Edit]


何故に日本語だけ?
韓国の竹島領有公式根拠は『SCAPIN677&1033』と『サンフランシスコ条約』にある訳ですね。
まぁ他に公式文章らしきものは無いですから、仕方が無いと言えば仕方が無いんでしょうが、『勅令41号』辺りを主に持ってくるかと思っていた私には意外でした。

耳蛸でしょうが、スカピンは領土規定法規或いは条約ではありません(http://toron.pepper.jp//jp/take/sengo/scapin677j.html)し、サ条約には竹島放棄は明記されていない故に、竹島韓国領有根拠とするには足りません。

韓国は、サ条約で竹島が日本領土として扱われる事を危惧して、「朝鮮並びに済州島、巨文島、鬱陵島、独島及びパラン島を含む、日本による朝鮮併合前に朝鮮の一部であった島々へのすべての権利、権限及び請求権を1945年8月9日に放棄した事を確認する」意見書を提出していますが、アメリカ政府の公式回答として「独島または竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人である岩礁は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決して無く、1905年頃から島根県壱岐支庁の管轄下にあります。この島は、かつて朝鮮によって領土主張がなされたとは思われません。」と明確に拒否されている事もありますので、今回の根拠明確化(?)はご指摘の通り自爆にしかならないでしょう。

日本語でありハングルに無いと言うのは、日本人の反応を見てから韓国人に正式告知するか否か決めようとしているのでしょうか。謎な行動です。



2006/05/07-20:11 | URL | tomorow #WzzJX4NY[ Edit]



 過去の領有を根拠にすればローマ帝国は地中海全域を領有していたのでイタリアは地中海全域の領有を主張できてしまう。
 過去の領有記録をだせばいたずらに各国が領有を主張できてしまう。従って過去の領有記録よりもよりも、いかなる国際法により領有が決定されたが重要になる。
 戦後の領土確定についてはサンフランシスコ講和条約で台湾ならびに朝鮮半島・日本の領土確定がされている。
 サンフランシスコ条約に竹島を韓国に譲渡するという記述がない、米国も竹島が韓国の領有とは考えていないと答えている以上、勝手に韓国が一方的に領土変更しても国際法的には認められない。不法占領状態である。
 韓国の国際法的領有の根拠が条約ではなく単なる通達、しかも領有の取り決めではない以上、通達と条約のどちらに効力が強いかは一目瞭然である。

 ついでに言えば、韓国が公海上に一方的に線を引いて領海を宣言した李ライン。リビアがシドラ湾の公海上に一方的に線を引いて領有を宣言したときもそうだったが、アメリカは公海上に線を一方的に引いて領有を認めることは一度もない。李ラインについても、領海は12海里もしくは国際海峡については航行上の問題もあり3海里の原則をアメリカならびにフランスイギリスも貫いており韓国の一方的公海上での領海宣言には反対の声を上げていた。現在でも認めることはない。
 李ラインも国際的に不法行為なら、一方的領有宣言(なんら国際条約によらない領土変更)。こういう状態であるから韓国は国際法廷を避けているのである。

2006/05/07-21:29 | URL | 紀伊国屋 #-[ Edit]


GW中、仕事がらみでリアル韓国人と食事しました。
自称日本好き、日本人と結婚して日本に永住したいアキバ系の30代男子。朴大統領と朝鮮日報を愛し次回ウリ党から大統領が出なければ、親に移民を勧めるそう、、、愛国心と言ってもこんなもんなんですね。朝鮮民族って。在日見ればわかってたけど日本に勝手に来て、カナダやオーストリアに移民して、国に対する責任なんて持つ気がないんですね。

竹島の話になり、中国は無視できない大国だけど韓国はなくてもいいと思うと言ってしまいました。彼は軍事的に言っても日本は韓国が無くては困る存在と言い張りました。過大評価しすぎは治らない病気。もう言う事ない、、、。何でも被害者の立場で自国の自慢をしたかと思うと後進国だから大目にみて容赦しろと同じ口で言い甘えてくる、じゃあ日本は?と話のすり替えも多くて、自己反省なんて言葉が無い韓国人とは話が成り立たない。疲れました。

今さらですが、かかわらないのが一番ですね。情けない。

2006/05/08-00:23 | URL | nana #qwKvtbg.[ Edit]


わたくしも週末に、飲み会で韓国人と同席する機会がありました。

以前日本に住んでいたことがあり、好きな日本にまた住みにやって来た(!?)のだという20代の女性。日本語も達者でソフトなイメージでしたが・・・

彼女の隣に座った友人が、実は竹島問題の議論を吹っかけられて参ったと後から言ってました。そんな面白いこと~わたしに吹っかけてくれたらよかったのにw

友人は嫌韓ではないので、「自分はよくわからないし、あなたも日本の事情をも含め、コトの経緯を全て把握しているのでなければ、こんなところで議論しても無駄なこと。国際裁判所にまかせればいい。」といって終わりにしたそうです。

日本の男性がやさしくていいだの、日本は清潔で暮らしやすいだのと言ってましたが、一方では宴席でそんなことを言い出すあたり。
こんな反日分子がノービザで続々上陸中なのかと暗澹たる気持ちになりました。

2006/05/08-18:21 | URL | hanaco #w5AmyrOc[ Edit]コメントの投稿


Name:(無記名の場合【名無櫓】になります) 


  • 最終更新:2010-06-13 18:24:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード