竹島(独島)が日本領土という側の呆れた主張

2007年02月13日
 
■竹島(独島)が日本領土という側の呆れた主張


昨日の「竹島(独島)問題について思うこと」は今日の記事のための前置きです。



山陰中央新報による歴史捏造記事を紹介します。

「竹島所管を記す大正期の地図2枚見つかる」



以下、山陰中央新報による呆れた主張
    •  日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)を、島根県が所管していたことを実証する大正期の二枚の地図を、出雲市湖陵町二部の元高校教諭、馬庭将光さん(70)が所有していることが分かった。
    •  この地図の存在が確認されたのは初めてで、当時の日本が竹島を実効支配していたことを裏付ける資料として注目される。
    •  確認されたのは、県内の警察署の管轄を色別に分けて示した一九二四(大正十三)年の「島根県警察統計便覧」と、島根県隠岐島庁が二三(大正十二)年に発行した「隠岐島報(第十二号)」。



1923年及び1924年の地図に竹島が載っていた…って、それがどうしたって言うのでしょう?まったく意味不明です。



日本が軍事的圧力を背景に韓国を併合していたのは1910年です。*1それ以降である1923年及び1924年に竹島(独島)が日本地図に載っているのは当たり前のことじゃないですか?だって当時、韓国は日本領土なのですから。まるで世紀の大発見のような大袈裟な書き方をしていますが、まさかこれを根拠に「竹島は日本固有の領土」というつもりだとしたら歴史の捏造もいいところです。日清戦争と日露戦争の区別もできない嫌韓ならともかく、まともな人は騙されませんよ。



以下も山陰中央新報から引用
    •  大正期、日本が竹島を実効支配していたことを示すもので貴重だ



韓国併合当時、竹島(独島)含めた韓国が日本領だったということは、地図なんか見なくても誰にでもわかりきったことです。そんな資料のどこが貴重なんですか?まさか韓国併合当時に日本領土だったから今現在も日本領土だとでもいうのでしょうか?またまた意味不明です。



日本側の『竹島は日本固有の領土』という主張は、日本が韓国を侵略するずっと以前から竹島は元々日本領土だったという主張ではなかったのですか?だったらその根拠を示してくださいよ。それができないからこんなバカな記事を書いたんでしょう。



この呆れた記事のことを半月城さんにメールで伝えましたが、「まったくそのとおりです」というお返事をいただきました。半月城さんは「それほどに、竹島=独島を日本領とした地図がほとんどなかったことを物語っています。」とも仰ってます。


 
 

Permalink

 *1:補足しますと、日本が軍事的圧力を背景に日韓議定書を結ばせ韓国内における日本軍の自由行動を認めさせたのが1904年2月、次に第一次日韓協約を結ばせ韓国政府の財政・外交顧問に日本政府の推薦者を入れさせたのが同年の8月、その後こっそり竹島編入したのが1905年1月、更に第二次日韓協約を結ばせ韓国の外交権を剥奪したのが同年の11月です。そして韓国併合が1910年8月となります。こうした経緯を見ると竹島編入は韓国併合のためのプロセスの一つだったことがわかります。日本固有の領土なんかではありません。盗ったものは返しましょう。

  • 最終更新:2009-02-08 14:43:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード