韓国は、独島に日本の領有権主張に抗議します

2008年12月29日月曜日
2008 - 12月28日 - 韓国は、独島に日本の領有権主張に抗議します
SEOUL、12月28日(Yonhap)に-韓国は、日曜日に強く、独島(2カ国の間の水の体で最東端の韓国の小島)を主張する日本の増大された動きに抗議しました。

1 日早く、日本の読売新聞紙は、日本外務省が英語、韓国人と日本人に加えてもう7つの言語 ― アラビア語、アラビア語、中国人、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、ロシア語とスペイン語 ― で小島に対するその所有権を詳述している14ページの小冊子を出版したと報じました。(Yonhapニュース)
ソウルは、東京の独島主張に抗議します-2008年12月30日

日曜日のソウル 独島の韓国に制御された小島に対する日本の所有権に対して東京にさらにもう一度不満を提出するその年長いルーチンを繰り返しました。
(-)
新聞によると、省は国内外で日本語、韓国人と英語で23,500より、そのようなパンフレットを配布しました。

しかし、12月前半から、それは合計10の言語で小冊子を製作して、中国人、フランス語、アラビア語、ドイツ語、ポルトガル語、ロシア語とスペイン語を加えて、数千を日本外国の大使館に配布し始めました。日本外務省も、その領有権主張を含むために、そうその公式ウェブサイトを更新しました。

「我々は、再び、材料が除去されるという強い要求をしました」と、韓国の外務省が声明で述べていました。(Joong Angデイリー)(キャッシュ)

韓国の政府は、再び、竹島/独島が異議を唱えられた島であると公式に認めました。

10の言語のパンフレット「竹島の10のIssues」は、ここにあります。どうにか、日本外務省は、stealthlyに彼らの仕事をします。読売新聞が報告するまで、誰も気づきませんでした。それから、韓国のメディアは、世界中で常にニュースを広告します。

英語[PDF] / 日本語[PDF] / 韓国人[PDF] / アラビア語[PDF] / 中国人[PDF] / フランス語[PDF] / ドイツ語[PDF] / ポルトガル語[PDF] / ロシア語[PDF] / スペイン語[PDF]
ポストされます Kaneganese で 午前2時15分
ラベル: ポスト:英語
6 コメント:
chaamieyは言いました...
韓国の政府は、竹島/Dokto,becauseについて彼らが日本の主張を許すことができると主張しないために、日本に常に要求します。

それは、論争に勝つ韓国の方法です。


?? ??? ?? ??? ??? ??? ? ?? ????? ??? ??? ?? ? ??? ?? ??? ????。

??? ??? ?? ?? ???? ????。

午前7時47分
平和主義者は言いました...
韓国が韓国と日本間の紛争があると認めたので、それはよい知らせです。

論争があるならば、なぜ、2カ国は、問題について討議しませんか?討議dosen'tが論争を解決するならば、2つは国際社会に行かなければなりません。これは、ICJに韓国を持ってくるチャンスであるかもしれません。

午前7時54分
oppは言いました...
Pedra Branca/Pulau Batu Puteh、Middleロックスと南Ledgeの上の主権(ICJ)
1979 年12月21日に、マレーシアは「マレーシアの領土のウォーターズとヨーロッパ大陸のShelf Boundaries」(国立Mappingのディレクターによって、発表しました、マレーシア)(以下に「1979の地図」)と表題をつけられる地図を発表しました。そして、それはマレーシアによって要求される領海と大陸棚の外の限度とコーディネートを示しました。地図は、Pedra Branca/Pulau Batu Putehの島をマレーシアの領海の中にあることものとして示しました。1980年2月14日付けの外交的な注によって、シンガポールはPedra Branca/Pulau Batu Putehに対するマレーシアの「要求」を拒絶して、1979の地図が修正されると要求しました。
(格安品)
法廷の見解では、Pedra Branca/Pulau Batu Putehの上の主権に関する論争が結晶したのは、1980年2月14日(1979の地図のマレーシアの公表に応じてのシンガポールの抗議の時間)にでした。
(格安品)
マレーシアの方法とシンガポールとその前作の方法に反応することに関する彼らの怠慢を含むその前作と共にとられて、特にシンガポールとその前任者滴定濃度デ souverainの方法への言及によって、法廷はPedraの上の1980の主権によって、ブランカ/Pulau Batu Putehがシンガポールに渡ったと結論します。

シンガポールは、Pedraブランカ島を占領していました。しかし、シンガポールはマレーシアの地図に抗議しました。論争が無効なこの抗議の後、シンガポールによってこの抗議と仕事によって結晶化したICJは、審査されました。韓国が論争がないと主張しているけれども、日本に対するこの抗議は論争を証明しました。そして、韓国による現在の占領が無効になるということを証明されました。

ところで、このpdfに「海洋開発と国際法」というアメリカの専門誌のヴァンダイク論文にふれているんだけど、これの専門誌の英名って何だろうか。読んでみたい。

午後2時29分
Kaneganeseは言いました...
「海洋開発と国際的なLaw"のことでしょうか?この論文(法律問題は、Dokdoandの上にその海の境界線を主権と関連づけました)、以前はダウンロードできたんですが、何故かWeb上でヒットしませんね。

午後4時02分
oppは言いました...
国会図書館にもないようですね。誰かダウンロードしたのをもってないかな。ヴァンダイクは日本の抗議が弱いとして現在の韓国の占有を認めようとしているようですね。恐らくその論文では「日本の抗議」のことしか触れていないと思います。
そんな彼にとってPedra Brancaの判例は想定外だったと思いますよ。占有している側の抗議でアウトとなってしまいましたから、韓国側の抗議でも紛争とみなされちゃいます。

午後4時52分
Kaneganeseは言いました...
oppさん

「ヴァンダイクは日本の抗議が弱いとして現在の韓国の占有を認めようとしているようですね。」

「1965 のTreaty.(p190)の後の日本のProtests」の「This Sectionの概要。「韓国の主張が貪欲な処方の理論の下で第二次世界大戦以来単に小島のその占領だけに基づくならば、(p192)で、"Japanの抗議は多分、黙認の推定を克服するのに十分でしょう。しかし、韓国の主張が、18、19世紀の間の日本の黙認の相当な証拠とともに、多くの世紀にわたる活動に基づくので、そして、それが不当に韓国を支配するところで小島が地nulliusであった弱い提案中だったとき日本の主張がその拡張主義的な期間から生じるので、
1905、このケースは、その書面での抗議に加うるにさらなる日本の努力を必要とするように見えます。
日本の状況は、韓国との関係を正常化することが1965のTreatyを始めた時で閉鎖にこの問題をもたらすことに関するその怠慢によっても弱められます。このTreatyを生じた長引いた交渉の間の議論のための公式課題アイテムがその主張の日本による放棄とみなされることができたように、独島が出るという事実は決してリストされませんでした。そして、日本が問題を起こし続けることから禁反言で禁じられるという結論に至る。と結論付けているので、必ずしもそうとは言っていないようです。ただ、条件として韓国の歴史的権原と1965年の日韓基本条約で竹島のことが言及されなかったことを持って日本の立場が弱い、と結論付けており、これはどちらも誤認に基づいていることが(韓国人以外には)明らかなので、逆にいえばそれらを立証しない限り日本の抗議は有効である、ということになると思います。以前もどこかで書いたのですが、この論文は英文を拝借できることと、すべての基本に韓国の歴史的権原を前提にして書かれているので、逆手にとって反論するには将来大変有効な論文です。

以前教えていただいたアドレスにあとで送ります。この論文、韓国が資金を出してco-authorにも韓国人がいるので、Van防壁氏自身はおそらく殆ど歴史的経緯を自分では殆ど把握していないんだと思います。

午後8時18分
コメントを送ってください

  • 最終更新:2009-03-06 13:52:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード