1.日本の目標は独島を日本領土竹島で作るのだ.

 1.日本の目標は独島を日本領土竹島で作るのだ.


日本の挑発がある度に韓国マスコミ報道書き起こしに登場する言葉がある.日本が <独島を紛争誌で作るため> 喧嘩を売るという主張だ.しかしこの表現は完全に違った言葉だ.日本は独島を紛争誌で作ろうとするのではない.独島はもう世界的に有名な紛争誌になってから以前のに今更紛争誌で作るという表現は無知と減らず口が結合された誤った表現で日本の領土強奪を手伝ってくれる悪質的で売国的な表現だ.

日本は今新しい膨脹野慾に燃えている.敗戦の責任を越して世界を一緒にする強大国でまた浮び上がろうとする野心を燃やしているのに新興強国中国の台頭で日本の神経は非常に鋭い.世界戦略に蹉跌を来たすようになったからだ.中国とロシアの牽制を越して世界を号令する強大国日本を建設するためにこのごろ日本は最大の占領地を確保した 2次大戦当時の指導をまた引き出して日本社会に広くまき散らしている.日本国民の脳裏にまた栄え栄えしい歴史すなわち侵略戦争の正当性をいかし出そうとするのだ.

日本の侵略を領土移り変わりで美化した小学官発行 'ニュースをすぐ分かる世界地図'
(2006,pp.54-55.) 韓国と日本が同じ色で塗られている部分が目立つ.


日本が外部世界に進む一番目飛び石がすぐ独島だ.日本が 1905年当時の超強国ロシアと先日を競う時独島を占領してこれを足場にしてロシアを倒した後当時の朝鮮を飲み下して満洲で中国大陸で東南アジアで太平洋で伸びて世界を支配したからだ.日本がまたいかして使う最大彊域指導で韓半島と台湾は日本本土のような色で塗られている.あれほど日本は韓国をまた尋ねなければならない領土,すなわち日本本来の領土で認識しているしこれを奪い返そうとする野慾を燃やすという話だ.今は時代が変わったから昔のように一方的に軍隊を先に立たせて占領する方式ではしないがどんな式にしようが出発点である独島を日本領土竹島で作るという夢だけは折っていない.独島だけまた飲み下せば先日の栄誉をいかし出す新しい希望が生ずると日本政府と右翼たちは夢想している.それに敢えて新しい侵略の足場ではなくても独島はそのものだけでもあまりにもおびただしい利益を作り上げる宝物だ.ある利益たちか?

 1)国家戦略的価値だ.


独島は私たち東海真ん中にあって政治的,軍事戦略的価値が非常に大きい.独島と鬱陵島を繋がれた一つの単位体で見る時独島を根拠にすれば日本韓国ロシア中国皆を一緒にすることができる国家的軍事的拠点になることを分かる.独島が管轄する周辺海に心配がとても浅くて非常に広い海山(解散)が三つやいてその連結が日本オキソムまでつながったら鬱陵島と独島,3個の浅い海基地とオキソムを連結する巨大な海上這うのを日本立場(入場)で想像することができる.太平洋を支配するアメリカのハワイが持つ戦略拠点以上の価値を持っているからその価値をお金では換算することができない.こんな島が日本の手元に入る場合私たち東海全体は日本の重武装基地になるはずで我が国は勿論で東アジア全体が深刻な安保脅威に抜けるようになるでしょう.東海全体が日本の前庭に変わるようになるのだ.日本としては何の技をかけても必ず確保しなければならない生命線だ.

独島周辺海底地形と解散 


今まで閉まっていた韓国の東海<朝鮮して>がやがて世界最大の交易基地に変わるようになるという点を考慮すれば日本の計算があくまで触れているのか,何を狙っているのかもっと明らかに分かる.あの時こんな戦略拠点を確保した日本の役目と利益を思えばどうして日本がとうとう独島を貪るのか見当がつくでしょう.独島を持つことができなければ日本は朝鮮して(=東海) 全体を忘れてしまうようになって外で伸びて行く足場が行けなくなるようになる.

韓国が日本に敵対的な地域に変わる場合韓国は日本本土の南半部を狙う秘愁になって独島と鬱陵島と周辺解散(海の中海底台だ)は日本本土の中部を攻撃する秘愁になるでしょう.日本の安保網は超非常状態に陷るようになってオキソムは朝鮮海衣外れにある益体もない単純な一つの島で価値が落ちてしまって外で伸びて行こうとする日本の希望は消えるようになる.だから日本としては到底独島を譲歩することができないのだ.反対に独島が日本に移るようになればオキソムと解散を連結して韓国全体を直接攻撃することができるから韓国の安保が台風の前の燈巣ドルよりもっと危なげになる.

 2)独島の経済的価値だ.


独島海下には非常に大きい海底台だ 3個がある.独島を差す下積みまで含めば皆 4個になる.その一つは鬱陵島と独島の間にある安竜福解散でふたつは独島とオキソムの間にあるシムフングテック解散と引っ越し部解散なのにどれも皆独島の管轄範囲中にある.ここには非常に稀な地下資源が多い.広く知られたハイドレートはその中一つだ.独島周辺海下は広い海底大地だ.独島を差しているまさにその海底地盤も非常に大きいがその周りにいる 3個の海底大地も非常に大きい.こちらは寒流と乱流が交差してえさも豊かだから大きくて味がずば抜けて非常に質のよい高い魚がつかまる大きい漁場が作られている.ここでつかまった肉味を日本の老けた世代は忘れることができない.その高い魚を捕ってお金を掃きためた植民地時代の伝説が日本漁夫たちを及ぼすようにする.島根県オキグンがどうして独島侵奪策動の震源地になっているのか理由が分かることができるでしょう.

ゾソンヘを取り囲んでいる国々の間の長年の歴史的葛藤期と後を引き継いで現われた冷戦は私たち東海を凍りつくようにした.しかしもう冷戦も消えたし国家間の交易を塞いだ障壁も集まっている.朝鮮してすなわち我が東海を取り囲んでいる高度の生産拠点と資源基地たちの間の交易がまた開かれ始めるでしょう.朝鮮して(=東海)を通じて激乱良医商品と資源,人力がお互いに行き交うでしょう.ここに加えてアメリカとカナダ台湾中国アセアンインドの貿易船たちがもうこの地域に寄り集まって往来するようになる.科学が高度で発達した時代にも海は未知の領域と作用がまだ多くていくら大きい滲むも安全性が立証された開拓された航路に沿って航海をする.安全な航路は陸地の線に沿って流れるので結局朝鮮海路追われるしかない.

もう朝鮮海衣重要産業で落ち着いた漁業と軍事領域,ここに日本韓国北朝鮮中国モンゴルロシアの間の相互交易が距離(通り)短縮と時間節約運送費節減という利点のため引き立つようになるでしょう.ゾソンヘを渡ってお腹にのせられた物資たちが中東とヨーロッパを向ける鉄道網に積まれるようになる.物流の流れと地域巨大基地たちの大きさと包括人口の規模と経済的活力と世界最高級技術力を持った地域国家の間の人と文化の交流活性化はこちらを世界交易の新しい中心地どおり作るでしょう.あの時この地域のピントを掌握して活用する国家が享受するようになる利益は計算ができない位だ.






その間人間の接近を塞いだ北極海がとけて荷船たちが往来することができるようになるし東支那海南支邦海の無盡蔵な石油資源と地下資源が開発されれば朝鮮海衣繁栄は人類がいまだに一番(回)も享受することができなかった物物しい水準に変わるようになるでしょう.中東のドバイが人工的な都市開発で盛んだが朝鮮して来て独島はその自らの自然的価値のため盛んなのでその役目と大きさは比較さえできない.何種類可能な企画だけよく見れば

 *独島周辺にある広い海底大地に巨大な海上施設物を建てて運用する場合おびただしい収益を得ることができる.心配が 100余m 程度だから私たちの土木技術でも立派な基地たちを建てることができる.全世界の物流と文化が交流,パスする町角に止められた施設たちは経済的価値だけではなく新しい文化を作り上げる複合空間になるでしょう.

 *独島は東アジアで一番年上な島だ.年が 470万肉位だから 170万年前後にできた他の島々と比べると地質学研究の立派な報告や海洋研究の非常に良い基盤だ.

外別の島に対する自然現象研究だけではない.独島を土台で私たちの貧困な海洋思想をサルチウルことがあって海洋を根拠で新しく伸びて行く国家の未来を開く基盤を作ることもできる.気象観測基地として天文研究期だ軍事用民間用電波基地としても広く利用されることができる.大陸を受け継ぐ光ケーブル基地としても良い役目をするでしょう.歴史を守る青少年と国民の愛国心涵養度量としても立派な役目をするでしょう.独島の価値は無限で科学技術発展による新しい職人登場するほどその価値はおびただしく大きくなるでしょう.

誰が独島を人が住むことができないただ小さなドルソムであるだけだと捐下するか.独島が持つこのようにおびただしい国家戦略的価値を日本が私たちより 100倍は正確に突き通して見ているから日本は独島を逃すことができない.死に物狂いで独島にぶら下げられる.日本をいかし出すセングミョングズルで独島をつかまえている.

 2.排他的経済水域の登場で独島が朝鮮海衣主人になる


この前の海は海洋自由原則が支配した.国家の領海過ぎて海は海洋強国たちの前庭の同じだった.海洋強国たちが世界の海を自由に使って踏み躪っても良かった時代だった.こんな海洋自由の原則は海をあばらにさせたし自然資源の枯渇を呼んで来る危険を抱いていた.だから海洋自由の原則は 2次大戦以後から多くの国々の挑戦を受けている途中 1994年で終りが出た.1982年採択されて 1994年に発效した <海洋法に関する国連憲章>はその前とは完全に他の新しい海洋秩序を作り上げた.

新しい海洋秩序の核心は沿岸国がおびただしい広さの周辺海を独占的に管理するようになった点だ.海の管理者を決めて海洋を保護するという発想だ.この発想の一番重要な要素は地球上にあるすべての島々が領海を越えて半径 370kmの排他的経済水域を持つことで沿岸国の大陸棚が 650kmまで延長される点だ.今地球上のすべての先進国たちは国家の運命をかけて資源確保戦争をしている.海洋と大陸棚は巨大な資源宝物倉庫だ.こんな宝物倉庫を少しでももっと広く占めるために海と接している地球上のすべての国々が国力を総掛かりして戦争をしている.
日本はこんな新しい海洋時代に迎え陸地領土の 12倍約 500万〓に至る広い排他的経済水域を確保して日本国土全体面積の 1.7倍が越える約65万〓義大陸棚を新たにもっと占めるために非常に攻撃的な海洋政策を広げている.これのために総合的に海を管理する海洋基本法を制定して受賞を議長にする ‘総合海洋政策本部’を新たに作って内閣の多くの部署を統轄して攻撃的な海洋政策を広げ始めた.参照で韓国の排他的経済水域は 44万〓に過ぎない.

新しい海洋秩序の登場で独島の価値も根本的に変わった.この前には公海上に浮かんでいる小さな石ころ位に疎かに待遇されたがもう領海は当たり前で減らして取っても大韓民国国土広さ位の排他的経済水域を持つことができるし周辺にいるいくつかの広い解散(海の中海底台だ)も従えることができる権利を持つようになった.一言で朝鮮して(=東海)海を皆管轄することができるようになった.名実共に私たち東海の主人丈になったのだ.これから独島を発っては朝鮮してすなわち東海を話すことができなくなった.独島がどの国の島になるのかによって朝鮮して(=東海)海全体がどの国の海になるかどうかが決まるようになったから日本が独島強奪に決死的にぶら下げられざるを得なくなったのだ.

1995年から日本の独島挑発が非常に攻撃的に変わり始めたことはUN海洋法協約醗酵が大きい影響を及ぼしたと思わなければならない.もちろんこのすべてのものは独島の単純な岩石ではなくて海洋法協約 121兆の資格を満たす島だと規定になる時の話だ.独島は数千年前から漁夫基盤で人々が暮して来たし今も独島を基盤で漁民たちが暮しているから海洋法協約 121兆 <人間の居住とその自らの経済生活を長続き>できる島としてのすべての権利を享受する十分な資格を取り揃えるのに十分である.

韓国と日本が皆海洋法協約加入国で独島を抱いている朝鮮して(=東海)にも韓国と日本の間にこれからは海洋境目を引かなければならない.ところでこの海はあまりにも狭くてある一国家が一方的に線を引くことができない.その上にその中独島が置かれている.独島がどの国家に帰属されるのかによって海洋境目が大きく変わる.部属解散たちの帰属も変わる.だから日本が決死的に独島強奪にぶら下げられるしかないのだ.



 3.冷戦の足かせが消えて日本の独島野慾が露骨的に始まる.


冷戦はアメリカを頂点にした資本主義陣営とソ連を頂点にした社会主義陣営がお互いに理念の優越性を正面に掲げて総体的な対決をした人類歴史上最大の理念戦争だった.冷戦が盛んに奇勝をふるう時には理念で縛られられた自分のの方陣営の勝利のために個別国家の利益を犠牲して協調することを美徳にしたしそんな雰囲気が強調されて強要された.したがって陣営内部で個別国家の利益を追い求めるとか葛藤を助長する行為は不道徳なことだったしからタブーしたし実質的に禁止された.

冷戦時期朝鮮して(=東海)は一触即発の緊張感が漂う戦争庭先だった.その海は中間くらいを境界にして全世界次元で社会主義陣営と資本主義陣営が一番鋭く対立した対決の海だった.ソ連,中国,北朝鮮を一方にしてアメリカ日本韓国を一方にする両陣営の間には敵対的対決だけあった.

冷戦時期日本はロシアと北方 4度問題で対決していたし中国からはセンがクヨルドの領有権問題で挑戦を受けていた.冷戦時代の理念的敵対性に加えて長年の期間ロシアとして来た覇権競争の感情に敗戦による領土剥奪の悪感情まで畿重にも感情が積もって日本は反ソ連対決の先鋒に立っていた.理念と領土感情が結合された対決は自然に極甚な敵対的対決意識を作り上げた.

アメリカ統制の下ある韓国と日本の間にも独島領有権問題があったが韓国と日本はこの問題を全面に立てることができなかった.韓国と日本は民族的に非常に鋭い感情対決をしたがこんな民族葛藤が力強いアメリカの統制体制のための外に表出されにくかった.韓国や日本や社会主義と対決する世界最強国と同時に資本陣営の指導局であるアメリカの意思に配置される政策を立てることができなかったし施行する事はドドだねなかった.だから韓国の独島占有に対する日本の火だけも個人次元でこぼし出す妄発位の水準に止めるしかなかったし彼さえ韓国国民の強い反発のためいつも製紙を受けた.独島を取り囲んで韓国と日本が国家的対決をするということは冷戦時期当時としては想像する難しい事だった.

しかし冷戦が消えると陣営概念がぼんやりして理念的な敵対関係はもう消滅した.朝鮮して(=東海)海を中置いて見合わせるすべての国々は国家利益追求を一番目で指折る一般的な普通国々に変わった.冷戦理念の後退は国家主義の勃興を持って来た.韓国と日本に対するアメリカの統制がまだ作動してはいるが理念戦争時期と比べると非常に緩んで行ったし彼さえ一方的な統制ではなくて相互協調するイイックドングメングチェ水準に変わった.韓国と日本の間に作動したアメリカの統制という独島問題の緩衝装置が消えたのだ.

もう日本はアメリカとの同盟関係は維持するが一方的な統制のフレームは脱して独自的に国家目標の実現方案を捜している.冷戦時期のようにアメリカの政策を一方的に収容するのではなく自律的な立場で日本国益を実現する段階に進んでいる.もう日本はその間アメリカの統制と理念戦争のため押えつけて来た独島に対する野慾を吹き出し始めた.最近日本の独島に対する攻撃的挑発がますます強化されることはこんな時代的環境と無関係ではない.



 4.日本は漁業協定で確保した国際法の上の地位を土台で独島強奪を夢見る.


99年に締結された韓日漁業協定は題目だけ漁業協定であって実際内容は独島周辺の海洋境目問題を扱う領有権協定だ.その協定 15組(兆)は次のようだ.

<この協定のどんな規定も漁業に関する事項以外の国際法の上問題に関する各締約国の立場を害することで見なされてはいけない.>

難しいように感じられる弔文の理解のために少しの解説を送って見れば

@漁業に関する事項以外の国際法の上問題=韓国と日本の独島領有権対決

@各締約国=韓国と日本

@立場(入場)=韓国と日本が独島がそれぞれ自分の領土と主張して来た事実

@害することで見なされてはいけない.=その間の主張を認める.尊重される.

この句節たちの総合を試みれば

<韓国は日本の独島領有権主張を尊重する>になる.韓日漁業協定の根本主旨はすぐこれだ.この条約は両国が結んだ双務条約なので両国に必ず一緒に適用される.韓国にだけ有利に適用されて日本には不利に適用される条項ではない.韓国の独島領有権主張と同じく日本もまったく同じく竹島領有権を主張して来た.それならこの句節は結局韓国と日本が独島に対して対等な権利を持ったという事実を韓国と日本政府がお互いに条約として認めたのだ.対等ならば良いことか.領土の生命は排他性なので韓国と日本の権利状態が 1:0にならなければならないのに条約締結で 0.5:0.5に変わったから領土の排他性が毀損されて独島は韓国で去るのだ.

独島は本来韓国固有の領土だったが韓日漁業協定でもうこれ以上大韓民国の固有した領土と話すことは不可能になったし日本の権利を認めなければならない状況になった.両国が一番最近結んだ条約が領土問題解決の決定的な根拠になるという国際法の上の原則を理解したらこの条項が独島問題にいくら恐ろしい害悪をかける句節かも分かることができるでしょう.

< 韓日漁業協定水域も>に設定された多角形を韓国政府は中間水域だと呼ぶもののこれは距離(通り)上の概念で条約文に記載した名前ではない.中間水域という名前は韓国政府だけ呼ぶ一方的な名前だ.法的效力を現わすまともにできた名前を書いたら <韓国と日本の共同管理水域>だ.協定すなわち条約は国際法なので国内法である韓国憲法よりもっと上位法だ.

韓国と日本がお互いに権利を争っている独島が含まれた海に対してどんな理由路でも共同で管理する条約を締結したという事実は日本の独島に対する領土主張を韓国政府が認めたのだ.領土の生命は排他性なので日本の権利を認めたということは領土主権の排他性を自らあきらめたのがなる.漁業問題を言い訳でするが漁業問題と領土主権をお互いに変えることができると思うほどに国家の基本に無知な国なら国際法と国際社会の保護を受ける資格さえない.お金と生命をお互いに変えるという話よりもっと愚かな言い訳だ.

この条約文には共同管理水域の中に実際にかかっている独島に対して一言も言及がない.独島に対する位置表示も座標もない.独島がどの国の領土なのかわからなくなってしまったし存在自体も無視してしまった.独島の敏感性を思ったらこれは全面的に韓国政府の失策で過ちだ.韓国や日本や交渉に出た公務員たちが独島の位置や敏感な政治的性格と熱い国民の関心をあまりよく分かっていたから実務線でむやみに処理することができた事案ではない.

韓日漁業協定条約上の表現自体は韓国と日本がお互いに対等な権利を持ったことに規定されている.しかし独島が本来韓国領土で韓国が占有しているし実效的に支配して来たという点を考慮すれば領土を渡してやる条約を結んだと言うしかない.日本が漁業協定で確保した権利は韓国と日本の間の独島争奪戦で日本に決定的に有利な根拠になったし以後日本はもっと荒い独島強奪策動を広げることができるようになった.


 5.韓国政府は独島危機に対して国際法の上過ちをずっとやらかして来た.


大韓民国国民は独島が私たちの領土で表記した昔の指導や文献記録 1~2個さえあると独島は自然に我が領土に確定されると易しく思う.しかしその間私たちが明白な証拠物で信じて来た指導や一般文献たちは独島が韓国領土なのを定める決定的な証拠物になれない.条約の部属文書ではない一般指導や文書の証拠力を国際法は認めないように原則が決まっているからだ.国際法のこんな原則は韓国と日本皆同じく適用される.

国際法の原則によれば歴史的な事例たちは独島を私たちの領土で確定する絶対的な証拠ではなくてただ一つの高麗要素に過ぎない.それよりは一番最近両国が結んだ条約こそ領土帰属問題に決定的な影響を及ぼす.漁業協定の問題点はすぐここにある.

領土取得に関する国際法の一般原則の中に承認黙認がある.承認黙認は自動で禁反言(estoppel)の效果を発生させる.国家が承認や黙認を一事項に対しては覆すとか否認することができないしくり返し変更してもこの前に認めた效力がそのまま生き残るという原則だ.各国々が手のひらを返すように状況によって約束と主張を変えることができないように禁止する原則だ.国際社会が信義と誠実という原則で関係を結ぼうとするとこんな原則は必ず必要だろう.

しかし韓国政府が独島領有権を置いて日本の主張を見逃すとか承認した場合まさにこの禁反言に抵触して発言を取り消そうが行動を変えようが条約を廃棄しようが構わずに一度認めた国際法の上の效力はそのまま維持されたら本当に問題だ.漁業協定の一部条項は私たちが国際法の上日本の主張を承認したことになって以後漁業協定を廃棄しても日本の権利を保障した事実自体はそのまま效力が生き残るからだ.

黙認と言う(のは)単純に説明すれば <竹島は日本領土>という主張に韓国政府が黙るとか積極的な反撃をしないでじっといることをのぼる.国際法の上黙認と認められれば領土主権を喪失する.独島の仕事をした領土になるのだ.その間我が政府が日本の挑発策動に対してどれだけ多い黙認をやらかしたしその事例たちが結局禁反言という国際法の一般原則に皆抵触するという事実が分かれば皆がおののくでしょう.その間日本は韓国のうつろな為政者たちと似以非専門家たちおかげで承認黙認に抵触する多くの事例たちを確保した.これは自動で禁反言原則と繋がれるので国際法の上韓国が独島を渡してやらなければならない根拠になることもできる.

領土は国家の根本土台で最高,絶対の位置にある存在だ.領土は他の利益と比較されるとか変えることができるのではない.韓国のやらかした過ちはすぐ日本に有利な武器に変わって日本はこんな武器で韓国を攻撃して独島を強奪する用意をもう取り揃えた.日本が今広げている独島に対する攻撃的挑発政策たちは事実上韓国が作ってくれたのだ.

  • 最終更新:2009-03-06 17:27:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード