1853~1922 - 肝属カネユキ(肝付兼行)


2008年12月21日日曜日
1853~1922 - 肝属カネユキ(肝付兼行)
肝属カネユキ、Hydrography部と大阪の市長の責任者は、鹿児島(鹿児島)in1853で生まれました。彼は、小松タテワキキヨカド(小松清廉(帯刀))の甥です。海軍(海軍中尉)の大尉は、タルコットMethodによって緯度を観察した初の日本人として知られていて、1876年に東京麻布海軍海洋気象台の北の自由の35度39分17秒492の価値を得ました。これは、日本の緯度と経度データ点の数値の最初の測定値でした。彼は日本の緯度と経度データ点の緯度価値を測る人で、初めて日本の最初の国内の経度電信コミュニケーション測定を実行します。

肝属の前の名前はエダ(江田)、そしてOhtomo(大伴)でした、そして、彼のchildfood名はセンタロウ(船太郎)でした。彼は1869年から北海道開発コミッショナー(北海道開拓使)に仕えました。そして、土地をsurveyeingしました。そして、それから1872年に水路分割のために働きました。彼はワシントン星テーブルに基づくDabittoson子午線子午線儀でタルコット方法によって109回19対の星を観測しました、そして、 Astronomical緯度は1876年に彼の努力によって決定されました。これは麻布台、港、東京と日本の緯度の緯度価値の海軍海洋気象台の「肝属ポイント」です、そして、経度出発点はこの価値を通過円(子午環)へ移すことによって作られました。彼が1876年に北海道と東京の間でついでの違い観察に対して計画を立てたけれども、彼は海電線の底の内訳のために東京の青森の間で計画を測定値に変えなければなりませんでした。これは、日本での最初の経度電信コミュニケーション測定です。

後で、海洋気象台(それから測定部のsubleaderとして間に合われる)で事務作業から始まる肝付は、1883年の土地surveyrance部門の部長になりました。彼は、第2になりました、そして、前へHydrography部のディレクター、そして、非常に水路ビジネスの発達を寄贈して、ディレクターとして16年の間間に合われます。彼がサービスを引退したあと、彼は1911年の貴族院(貴族院)のメンバーと1913年の大阪都市の市長になりました。

水路分割は、水路視察官、1人の指揮官と2人の少佐として、または、より1871年にでないヤナギナラヨシ(柳楢悦)(韓国のリーChosonからDynastyを民族芸術に捧げたヤナギムネヨシ(柳宗悦)の父)によって始まりました。彼らは英国の軍艦シルヴィアと協力して最初は北海道海岸測定を実行して、徐々に、単独で水路寸法を実行することができるシステムを構築しました。最初のチャート「釜石」(釜石)は1872年9月に完了されました、そして、本当の水路測定はこのように始まりました。

分割は海軍に独立して1886年のHydrography部になりました、そして、その後、それはスタッフの数の105人の大きい組織になりました、そして、ヤナギはHydrography部と肝属(水路divisionin 1887の測定課長)の創設者責任者になりました。

1880年に、海軍は軍艦甘木を送って、日本人によってその主権のために疑われた「竹島」がJukdo(Boussoleロック)であった、そして、「マツシマ」がUlleungdoであったとわかりました。今日、竹島/竹島hadneverは、1906年以前の2カ国の間の領土の懸念の問題でした。いつのナカイヨウザブロウ、沖からのビジネスマンは、彼のところへ行って、捜索しました勧めますはっきりそれを述べる1894の「Choson Waterway Magazine」を出版したHydrography部局長としての1904年(彼)の彼から 韓国の東の制限は130°35′で、それが日本のものでなければならないと言いました。肝属がsurveyranceの専門家であったので、竹島が「seacharts」から韓国に「属していた」ことは正しいナカイヨウザブロウの誤解に彼にとって当然でした。そして、それは領域主張でして、竹島の主権が不確定だった時から、それが日本の領域でなければならない、そして、それが日本の主な島に朝鮮半島より近いように彼に勧める何も持ちません。

同島の所属は確乎たる徴証なく、ことに日韓両国よりの距離を測定すれば、日本の方十浬の近距離にあり(出雲国多古鼻より百〇八浬、朝鮮国リッドネル岬より百十八浬)加ふるに、朝鮮人にして従来同島経営に関する形迹なきに反し、本邦人にして既に同島経営に従事せるものある以上は、当然日本領土に編入すべきものなり(『竹島経営者中井養三郎氏立志伝』(奥原碧雲(1906)))
島の主権の具体的な証拠が、ありません。そして、特に日本と韓国から距離を計って、それは10海里日本により近いです。(それは、朝鮮半島のLidnell 岬からTakohana、出雲国と118海里からの108のseamilesです。)、そして、島を管理した韓国人の足跡がない間島を管理することにすでに係わっている日本人がいる限り、日本にそれを取り入れることは自然です。(「竹島のマネージャー;オクハラヘキウン(1906)によるナカイヨウザブロウ氏のサクセスストーリー」)


我々がこのブログの上で見えたように、これは正確に竹島が1904年にあった状況です。その時に、彼女自身日本、西国と韓国でさえ発表される1904、すべての本と地図において、我々はとてもはるかに明らかに記述された竹島/liancourtロックスが韓国の領域の外にいることを確認しました。多くの日本語と西の地図は、竹島を日本の領域として描写して、少しそれをtella nullis、しかし、韓国人としての何としても描写しませんでした。さらに、州で政府当局の機能のいかなる表示のも一つの証拠も1950年代まで韓国のそばにありません。そのとき、彼らがアメリカがサンフランシスコ平和条約において島の上に韓国の主権を与えられないのに気がついたあと、韓国の大統領リーはその軍の拡張主義を始めて、正しく不法に竹島を占領しました。それらの事実は、1904年にナカイにしっかりと肝属の公平で論理的アドバイスを支持します。教授名誉ナイトウが不当に主張していたことは、どんな証拠(ホリカズオプロ韓国人教授教授のような)なしででも、肝属が何らかの軍のpourposeを持ったというヒントさえまたは拡張主義にさえ不合理です。

日本による1905の竹島社と韓国の1910年の日本の併合の類似性を見つけるための韓国の必死の追跡にもかかわらず、それらの2つの事件がいかなる直結も共有したという証拠が、全然ありません。島根への竹島の編入は、併合のための「stepstone」、しかし、単に国際法に従った平和的なプロセスらしくありませんでした。


日本政府は、竹島を取り入れました、1905年の現代のタイトルによるその歴史的なタイトルを再確認して/代わる、そして、 1906年に日本に対する抗議を表さないことによる竹島/独島の上に、韓国の帝国政府は、公式に黙認しました日本の主権 。


引用:

世界中でいろいろな本で記述される韓国の東部地方の限度は、竹島/独島を韓国のTerritoryから除外します


Territorial Recognitions 1880-1905の間の竹島/Liancourロックスのための日本ショーのどの西側のMaps:Ver.1

1880 - 日本のWarship「甘木」(軍艦天城)Surveys Ulleungdo、そして、「竹島」がそうである発見Jukdo.

1881 - キタザワマサナリ(北澤正誠)、「竹島」が「竹島(竹島コウショ竹島考証)のStudy」のJukdoであるために終わられるMOFAの当局者

1900 - タイムズマップ (中国と日本、印刷家、ロンドン) * *Itは、Ulleungdoに=韓国人(日本的な竹島=)を示します

2月20日と4月17日1906- - 「内務省第1巻の公文書」 - 韓国の政府は、竹邊浦で土地業務に抗議しました
ポストされます Kaneganese で 午後4時59分
ラベル: 医者:日本語, ポスト:英語
6 コメント:
平和主義者は言いました...
Kaneganeseに感謝します。

肝属は、地理学(軍人でない)の専門家でした。彼は、韓国の領域になかった竹島についての事実を知っていました - それで、彼が岩が韓国に属していないとナカイに言ったのは当然です。

彼のアドバイスは悪意のあるものでありませんでした、プロ韓国人が主張したものだったように、それはプロの地理学者としてのadquateなアドバイスでした。

午後11時52分
平和主義者は言いました...
このポストは、著者によって取り除かれました。
午前12時06分
平和主義者は言いました...
途中、「最近のComments」は奇妙でありませんか?コメントが、「最近の」ものとして8月にあります...現在12月ですね?

午前12時06分
Kaneganeseは言いました...
ありがとう。そして、平和主義的です、

はい、肝属のアドバイスは論理的で、職業的でした。彼が正確に状況竹島であるとナカイに言ったことは、その時、複雑なaroudでした。文書から、ナカイが seachart(海図)を持ったことは明らかです。そして、「朝鮮全岸(Choson Seaway)」とそれであることが彼に韓国人である誤解された竹島を作ったようです。ナカイ(プロ韓国人のような今日)は、「seachart」が領土の目的のためにでなく、船の安全だけのためにあるということを知りませんでした。肝付は、事実をナカイに説明しました。「Seachartは領土の目的に賛成でありません、そして、竹島の主権は不確定でした。」

「すなわち、中井氏は、つてを頼って農商務省水産局長に面会しリャンコ島における海驢猟について説明した。この際、中井氏は漁猟地であるリャンコ島のことを海図を示して説明したはずであり、先にみたとおり海図の題名に依拠して当該島が朝鮮領だと思う旨を述べたとえられる。これに対して水産局長は、海驢資源の開発計画に賛成したが、海図が版図を示すものでないという当然の事柄を承知していたので、中井氏の誤解を指摘し、海図の発行者である海軍水路部長に確認するよう勧めたわけである。水路部長は、むろん、朝鮮全岸と題する海図に載っているから朝鮮領だというわけでないということを説明したはずであり、海図の性格に関する中井氏の誤解は、海図発行者の説明によって完全に解消された。水路部長は、さらに、当該島の所属につき確固とした徴證(根拠となるしるし)がないことを指摘し、彼我の距離や同島経営状況(朝鮮人が経営する形跡がない一方日本人が経営に従事していること)に照らして日本領土に編入すべきものである旨を述べたわけである。水路部長の指摘は、事実に即した正論であって、論者のいうような政治的意図に基づく強要歪曲などは認められない。」(ツカモト、 2007)

そして、はい、「最近のComments」はきちんと働いていません、そして、それは腹立たしいです。

午後7時22分
平和主義者は言いました...
プロ韓国のStevefrogのサイトは、まだ肝属が海軍大将(本当でない)であったと主張していて、竹島が韓国の領域(持主がいない島)でなかったという彼の主張が海軍の水路部(本当でない)の過去のポストに対してあったとまだ主張しています。彼のサイトはプロ韓国の日本の学者からとられるうそでいっぱいです、しかし、我々は彼らの理論が完全に間違っていたということを証明しました。

午前1時57分
Kaneganeseは言いました...
1898年のホリ教授の記事は、あまりに古くて、古いです。そして、それは具体的な証拠なしでmisundersitandings、半面の真実、うそと推測でいっぱいです。竹島Issueの研究は、今は大いに進行しました。ホリからかきまわす理論に対する彼らの請求がばかで不注意な記事であることは、プロ韓国人がベースを決して止めない残念です。私(thougn)のための非常に冗談。

午後6時00分
コメントを送ってください

  • 最終更新:2009-03-06 14:03:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード