6.日本は国際社会で勝利する準備を終えた

6.日本は国際社会で勝利する準備を終えた

私たちは独島問題が起こる度に日本の挑発が及ぶ影響とその内容に対して総合的で体系的な分析はしないで私の田にムルデギシックの虚無孟浪した解説を騷いでいる途中マスコミ報道さえ弱くなればなかった事のようにすっかり忘れて過ごす悪習を数十年の間繰返しして来た.その間に日本は緻密に計算された政策を一つ一つ実践して独島戦争で有利な位置にあった韓国を勝つことができる武器を作った.私たちが完全に優位を占めていた独島問題は私たちがうわごと慰安に虚送歳月する間に日本の一方的優位に変わってしまった.

独島問題は韓国と日本という国家間問題だから仕方なく地球上にあるすべての国家と国際機関学術団体などすべての組職と個人が関与するしかない.日本は世界すべての人々が独島を日本領土竹島で分かるように国家機構を総掛かりして体系的に努力して来た.日本意志だ勢力が大きくなるあれほど韓国は不利になる.今世界世論対決で韓国と日本はもう比較自体が不可能な位の状態になった.世界のすべての国家と国際機関従事者たちとすべての国の国民が独島ではなく竹島で分かっていたら独島は当然日本領土になる.これを国際法では<国際社会の一般的承認>と呼ぶ.個別国家のように強制力に執行する中央政府がない世界秩序の中で世界人の多数が竹島と分かっていれば独島は当然竹島で韓国は日本領土竹島を不法占拠している海賊国家になるしかない.全世界の糾弾と非難の中に韓国は惨めに独島で逐出されてからも何らの言い訳さえできなくなる.

▲世界を欺瞞する日本の独島強奪工作


1)独島ではなく竹島をインターネット世の中の標準で作った.

今時代はインターネット世の中だ.UNで提供される各種地図を含めてアメリカ,ロシア,中国,フランス,イギリスなど世界大紛紛の国々が提供するインターネット指導情報大多数は独島ではなく竹島だ.もう竹島がインターネット世界の主な流れになったのだ.インターネット世の中の世論を標準をしたら韓国は独島で逐出される事だけ残ったわけだ.日本はその間に静かながらも緻密に作戦を広げて来た努力の結実を享受しているわけだ.



こんなインターネット世の中での世論流れが一瞬に作われない.どの国でも国家が発表する標準情報は外国該当の国家機関の公式要請と裏面的な作用がなければ記録をよく変えないという点を考慮したら多くの権威ある証拠資料を準備して他の国の国家機関に提供する事と実務者と決定権者を説得する過程まで日本が外交力を総掛かりしたと思わなければならないでしょう.
最近 2008年アメリカオレゴン州の韓国語になった運転免許案内ポスターにハングルで <独島は韓国地>という字が挿し絵の飾りに入っていたが日本領事館の抗議で該当のサイトが閉鎖されるさげすみを経験した.韓国人だけ見知るハングルさえ日本政府の緻密な監視の下あることを私たちはこの事態を通じて分かる.本論内容とは何らの構わない挿し絵に大海書さえ日本政府と領事館の監視が及ぶという事実と日本政府がとても小さな事例たちも非常に厳正に見張って対応するということを知らせてくれた一例だ.


2)世界の国家指導と一般商業指導に竹島表記定着

私たちが指導をインターネットだけで検索しない.むしろ地図帳をもっとたくさん捜す.地面が大きくて捜しやすいからだ.大衆的な影響力はインターネット指導より地図帳がもっと大きい.名前が被せている場合が多くはないがどんな国の指導集だか内容を探して見れば名前のいる場合は大概 ‘リアングクルラックス’ または ‘竹島’ 表記が腰を据えている.誰でも独島位置を尋ねている途中目にぱっとする名前が竹島ならそのまま竹島で分かって終わる.外国人に何か他の説明が必要だのか. 何らの関心度関係もないやや小い島名前について何がもっと本来名前に近いのかその複雑な歴史的地理的国際法的関連事項を緻密に調査する人はいないと思わなければならない.そんな状況で全世界のそのおびただしい観光案内図と世界地図集を占めた名前は独島ではなく竹島という事実の影響力とその帰結をこれからは深く考えて見なければならない.


3)多くの国の教科書表記は独島ではなく竹島が主類だ.

育つ学生たちに世界情報を知らせてくれる教科書はその国国家知識の標準で未来の名前を決める基準になる.教科書内容に独島の名前が竹島になっていたらその国の独島名前が全部竹島で決まったことと同じ意味を持つ.そんな情報の中で育つ青少年たちが自国だけでなく他の国にまで竹島をまき散らして定着させる主役になる.インターネットが若い世代の武器なので世界各国の青少年が竹島電波の主人公だと思わなければならない.国際社会の教科書記録に私たちが人をかけて戦闘をしなければならない理由だ.外国の教科書担当部署の交渉舞台はこの間までは日本公館職員の独り舞台だった.多分今もそうだろう.韓国でそっぽを向く間に日本公館職員たちは何らの難しさなしに竹島を国際標準で作ってしまった.


4)国際機関を竹島一色で作った日本

日本は国際機関に多い日本である職員を座らして日本主張を支持する外国である人脈を広く構築した.日本人ではなくても日本である以上に日本主張を支持する非常に幅広い国際網も作った.これを通じて竹島,日本海は言うまでもなくてその外にも日本の多くの主張が東アジアタングイルムの標準になるようにした.日本外交力が国際機関にどれだけ長年の期間いくら積極的に投入になったのかを分かる.


5)世界学術誌を占領した竹島

日本政府は世界的に有名な学術団体は当たり前で有名大学を含めて多くて多くの世界多くの国の地理,歴史,地名関連学術誌に載せられる発表論文や資料の内容を竹島一色で作ったようにした.韓国名前独島はとても極少数意見に追われてしまった.学術論文の影響力は非常に大きいから日本はもう国際論争のつかを握ったのだ.


6)全世界配意ヘドまで竹島で統一

世界のすべてのお腹に必ず取り揃えるようになっていてなければ運航ができない配意必須装備であるヘドにも独島ではなく竹島で浮かんで独島と鬱陵島の間に海洋境目が引かれている.やっぱり日本関係機関の緻密な努力をうかがうことができるし我が政府の無防備,無関心をうかがうことができる.


7)竹島を裏付ける世界範囲の学者養成

日本は研究支援金を含めて学者たちの研究を裏付ける幾多の基金を利用して世界各国の有名学者たちにとって日本主張を裏付ける論文を書いて国際学術行事や専門学術誌に載せられるようにして日本の主張がまるではじめから客観妥当性のあるようが包装している.こんな学者たちの主張は自然に全世界の関係専門家たちに広がって彼らの理論を支配するようになるので日本主張が国際社会の標準のようになる.


8)国際的な忠誠分子養成

日本の主張を支持と日本に忠誠する外国人を育てて独島主張を駁して竹島主張を擁護するようにする工作を推進して来た.韓国にも日本のための工作遂行を目的に侵透して活躍する外国人がいるでしょう.日本に留学したとか仕事上日系と繋がれた全力がある人々をたくさん利用する.


9)各国政府の公式支持を導き出し

独島と何らの関係がない各国政府が竹島という名前を非公式的ででも選択するようにして国家次元で竹島が標準になるようにする作業をして来た.一度政府の公式または非公式意見に選択されればこれを変えるのが事実上とても難しい.日本の対外援助と人脈,国際的な影響力と学術的な裏付まで総掛かりしてこんな作業を導いたはずだ.


10)完成に近い安保理常任理事国進出工作

日本が最近 10年の間一番念を入れた作業中一つがまさに安保理常任理事国進出だ.日本がUN安全保障取締役会常任理事国になれば独島を竹島で作る国際機関の意思決定に決定的に有利な位置に立つようになって軍事行動の自由まで得るようになる.国際社会の安全保障,すなわち軍事力使用に関する問題は結局UN安保理に上程される.安保理に上程されれば常任理事国である日本が自国に不利な時は拒否権を行使すれば良いし他の常任理事国たちを説得して有利だと判断すれば軍事行動ないし韓国を決定的に頭が上がらなくする他の決定を導き出すこともできるからだ.たとえその時日本が軍事行動まで行かないとしても独島問題をUN安保理議題で上程することもできて国際社会の世論を日本の方に決定的に有利にさせることができる.日本の計画どおり独島を料理することができるから日本は敢えて安保理常任理事国に行こうとするのだ.

常任理事国進出に対する国際社会の相当な支持を日本はもう確保したし世界世論も日本に有利な方で調整している.戦略的競争国である中国とロシアも日本の安保理進出に賛成する方に傾いている.


11)韓国の独島世論をわがまま操る日本

韓国の独島世論を日本が操っている.今も韓国のすべてのマスコミ報道書き起こしにいつも出る<攻撃に正面対抗すれば日本の紛争指話戦略に巻きこまれる>と言う表現は私たちの国民の骨の中に染みこんでしまった日本工作文書である <ユキノ-ムンで>の影響を感じらせる.
我が国の領土主権に挑戦する相手国家の主張に対して<必ず明らかに公開的に駁すること>を国際法は要求する.英文表現で Display しなければならない.静かにいる場合相手国家の主張を見逃した(=認めた)ので見做す.国際法の基本原則がこうであるのにもむしろ <対応すれば日本の紛争指話戦略に巻きこまれる>と言う詭弁に魅入って国際法の原則に抵触する沈黙と無対応に一貫したら自ら領土を渡してやるようにする不法をやらかしているのだ.日本が韓国世論をいくら巧みに操っているかどうかを分かる一例だ.


12)韓国社会内部に日本主張を肩を持つおびただしい勢力を作って置いた.

一部日本戦門際に自任する人々はかえって独島を越していたって日本と平和に過ごすと国益にもっとよいという詭弁を作って主に言論とインターネット網を通じてまき散らして韓国世論を混乱するようにする.日本主張に同調する記者たちもたまにあるようだ.

国際社会に個別国家を統轄する中央政府はない.だから結局世界多くの国国民と国家,国際団体たちが独島をどの国領土で分かっているのかと世界的な国際法専門家たちが独島についてどんなに眺めるのかが独島帰属の向背を決める.これを国際法では <国際社会の一般的承認>と言う.日本が中央政府とすべての在外公館を総掛かりして独島が日本領土竹島なのを静かにしかし非常に体系的に知らせている時韓国公館は見物ばかりした.今もそんな実情だ.長年の歳月真心を入れて植えておいた日本の竹島主張がもう国際社会の普遍認識で席を取っている. 独島より圧倒的に優越な国際社会の竹島支持は日本が最近自信感を持って力強く試みる独島挑発を裏付けている.

  • 最終更新:2009-03-06 17:28:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード