7.日本は内部の独島侵奪整備を終えた.

7.日本は内部の独島侵奪整備を終えた.

独島は大韓民国領土で極右派たちを除いた良識ある日本人たちもおおよそ 90年代中盤まではこんな事実を認めていた.それで独島が日本領土竹島という主張に多数の日本国民は全然同調しなかった.しかし今ではない.今日本国民大多数は竹島が当たり前の日本領土と思う.わずかシブミョッ年の間に社会的認識がおびただしく変わったしこんな変化は韓国の独島領有権に致命的な打撃を加えることができる無惨な災いで浮び上がった.10余年の間にどんなことがあったから日本国民の認識がこんなに急激に変わっただろうか.


1)膨脹基調で走る日本

ヤスクだから神もうで 
今日本では太平洋戦争時期日本が最大の占領地を確保したあの時の指導たちがまた生き返えて大手を振っている.この指導たちは日本人たちに領土膨脹の郷愁心理を刺激している.中国がアメリカの代わりをする,新しい強国で浮び上がってロシアが国内体制を整備してまた世界舞台に出ながら日本の領土膨脹欲求はいっそう強烈になった.自衛隊は防衛省に変わっていわゆる平和憲法を改めても世界戦争に戦闘力を送らなければならないという世論も高くなって実際に兵力を戦闘現場に何の名分をブチョソでもずっと送っている.

侵略戦争の象徴で日本のミリタリズム犯罪の表象のようになっているヤスクだからジェントルマンに対する参拜も大っぴらになった.こんな総体的な右傾化ブームは自然に侵略戦争に対する反省基調を廃棄して代わりに侵略的膨脹主義で走り上げられるように日本社会を刺激している.


2)教科書を通じる独島侵奪土台用意

中学校社会科指導 2005 
教科書は国家の基本指標だ.90年代までにしてもいくつかの極端的な右翼や一部のヤクザ輩らがたまに叫ぶことはしたがその以外の日本の人々は夢も見られなかった <独島は日本固有の領土>という表現をこれからは学生たちに教える教科書にまでさらして積んでそれほど教えざるを得なく日本の世論と教育環境が変わった.敷布団最近何年の間に日本教科書に独島に対する表記問題の登場する度に私たちは言論地面を通じて興奮する振りをしながらしただけ国家的でも社会的に牛ニワトリ見るように何らの対策なしに無情に越した.そうな間に日本教科書の竹島表現はますます過激になるようになったのだ.教科書でこんな誤った知識を真理で学んだ数字上韓国の約3-4倍にのぼる日本学生たちが <日本固有の領土である竹島を不法占拠している海賊国家韓国>を戒める正義の愛国戦争に出るはずだから韓国が何の力でこれらを受け止めようか.参照で国家が危難にあう時韓国学生たちは 80%が海外に逃げだすと回答したが日本学生たちの割合はその反対という点も参考しなければならないでしょう.


3)各種受験書と参考書及び一般教養書を通じる独島侵奪国では整備

日本の政治ニュースが面白い
位に易しい本
2000年初盤までにしても日本公務員受験書を含めた各種試験問題に竹島問題の登場した事例はなかった.しかし 2000年代中盤から各種受験書の時事項目に竹島問題が非常に大きい比重で大大的に登場し始めた.日本中央政府の隠密ながらも積極的なサポート下の島根県が制定した <竹島の日条例>が日本社会に駆って来た波長の結果だった.以後公務員試験予想問題を含めた各種一般受験書と学生たちの教科用参考書と各種受験書に行き付けメニューで独島領土紛争問題が急に大きい比重で扱われ始めた.各種試験問題集の正解で出る竹島日本領土意識は若い日本国民の無意識の中に不変の真理で刻まれ始めたしこれは日本国民意識で固まって行っている.

また各種辞書や年鑑類を含めて時事教養誌やエッセ二流,人気マンガ本,地理関係著作たちと各種旅先新聞,雑誌などに日本領土竹島不法占拠と奪還という主題は薬屋の甘草のように登場する.韓国で一部人士が数十年前日本国民の独島認識を今の状況で過ち解説する場合が多い.安易な対応を自ら招くこんな話は警戒しなければならない.

   


4)日本中央政府部処たち,独島を竹島で作る法制整備

日本の防衛防衛白書 2005 
日本外務省を含めて文部科学省,防衛省,海上保安庁を含めたすべての中央政府部処たちが皆管轄業務領域に独島が含まれるように法制と文書を変える作業を終えた.中央政府で刊行するすべての資料の部属指導にも意識的に陷ることなしに独島を日本の領土の中に明らかに含ませて製作しながら島統計を含めた関連すべての統計資料に他の大きい島々は皆抜きながらも竹島は必ず含ませる.独島は日本領土竹島でそして独島領海は竹島領海で漏れ無く明らかに表現している.日本のこんな資料たちは該当部署の国際的な業務交流行事の時公式的に提示されて日本国の公認された領土で他の国の公式認定を受ける.こんな公認された日本の資料と政府業務は国際法の上非常に重要な根拠になって国際法の上 <国際社会の一般的承認>で繋がれるしかない.韓国政府該当の機関たちも日本と業務協助をしながらこんな資料をずいぶん前から受けたはずだが (不可避に受けるしかない.) 韓国側の該当の機関たちはこれに対して修正要だね抗議をしないで見逃して来た.

例えば防衛省とその隷下部署である海自,航空自衛隊,陸上自衛隊の指導に独島は日本領土と領海に銘記されている.こんな指導は各国の余分の関係者たちの集まりや資料交換を通じて自然に日本領土で認められる.国土交通性傘下の海上保安庁も同じだ.日本海上保安庁艦艇が独島近くの海に常在しながら彼らの業務を遂行していると海上保安庁長官が記者会見で明らかにした事があって実際経験で見ても認められる.このように軍事力を先に立たせた部処たちまで出たら日本が実力で独島問題を解決しようとする意志を抱いていると思わなければならないしその準備を終えたことと考えられる.

地震が多い日本では災難備えに敏感で法的でも完備されている.特に日本領土に不純勢力が侵入した時を備えた条項があるのに独島もこんな状況に準して外的を撃退するように細心に扱って置いた.


5)地図を含めた社会インフォメーションシステムに竹島を明らかに表示

中学校社会科指導 2000 
日本で刊行される学習用指導は勿論で一般販売用指導にまで韓国よりもっと明らかに竹島を表示している.日本で刊行される学習地理不渡りは非常に種類が多い.小学校用から高等学校用まで段階ごとに多くの種類がある.その多い地理部も皆に独島が漏れ無く日本領土竹島に表示されている.一地理不渡りに約 10回以上表示される.学校で使われる学習参照指導書や問題集たちにも漏れ無く独島が日本領土でどの項目よりもっと比重あるように積まれている.

日本で刊行される指導は数百種を超える.各指導の用途が違って性格も違うが表示夏期の不可能な場合ではないなら必ず竹島を表記する.指導は日常生活で使われるものと決まっているのにこんなに生活の中ですべての日本人たちが自然に竹島を接するようになることで竹島が日本領土として頭の中に沈みこんで刻まれるようになる.

世界のすべての地図製作業社なども自然に日本の地図帳に載せられた独島情報を移して積むことで日本の侵奪工作を助けている.ところで韓国で作られる指導たちにむしろ独島の抜ける場合がある.位地図大きさも編輯賞の便宜によってどこや配置される.危機を経る領土に対する愛と思いやりが必要な時だ.


6)日本地方政府の独島侵奪策略

島根県庁前電光板 
日本は軍隊を先に立たせて隣国を残忍に殺戮して併呑する侵略戦争を一世紀以上続いている途中太平洋戦争で撤退にあった後侵略国家で烙印を押されて多くの国際的な制約を受けているし今もUNの敵国に規定されている.侵略国家としての国際的なイメージのため中央政府が直接出るより独島と係わる地方自治体である島根県を先に立たせて独島に対する強奪策動を先導している.島根県が前に乗り出すが後から外務省を含めた日本中央政府が隠密にといえども積極支援していることは勿論だ.

島根県は研究所を設立して独島が日本領土竹島という歴史的証拠を操作して虚偽論理を立てて学術係を混乱するようにするだけでなく日本ヤクザ及び多くの右翼勢力と連合して政治煽動をしている.また各学校で使うでたらめ副教材を作って育つ純粋な学生たちに虚偽事実を頭の中に入れて侵略思想まで刻んで入れている.日本中央政府と議会,政党と社会団体に文書を送って交渉団を派遣していつも独島侵奪政策を立てて支援するのを強要と他の自治団体たちも一緒に侵略策動に便乗するように説得作業をしている.住民動員体制を作って現の力量を総掛かりして年の中で休まないで多くの行事をしている.

こんなに長年の期間努力した結果竹島強奪要求はもう島根県次元を越して全国組職である日本自治団体連合,各地方議会連合など日本国民の世論を代弁するすべての単位で一番重要な決意事項で扱われている.日本では韓国のように決定が単純な言論報道用イベントで終わるのではなく実際に実践に移されるという点を重視しなければならない.


7)強奪根拠用意のための各種学術作業

日本の独島強奪野慾はとても強いが今時代は軍隊を送って占領さえすれば日本領土に確定されてしまう時代ではなくてそんなことができる与件でもない.周辺強国たちの易学関係が複雑で何より個別国家がむやみに国際的に縛られている事案を軍事力で処理することを国際社会が絶対に容認しないからだ.国際法手続きによる合理的な方案を用意しなければならない.こんな制約のため独島を持って行こうとすれば日本は独島が日本領土という事実を必ず操作して国際社会の承認を得なければならない.1950年代初盤から日本は独島が日本領土と主張して来たが論理的,学術的根拠はとても脆弱だった.また過去の竹島日本領土説は極右勢力一部の主張に過ぎなかったし当為論的主張にとどまっただけなの実際に日本領土で作ることができるとは思わなかった.

これからはその時と状況がたくさん変わったし可能性が非常に大きくなったので日本は現実性ある論理開発に力を注いで来た.その一番目が韓国の独島に対する実效的支配を否定する根拠を収集して操作する作業だ.竹島問題研究会とその後を引き継いだウェブ竹島問題研究所がこんな論理操作の先頭に立っている.最近日本外務省ホームページに載せられた主張などは竹島問題研究会の研究成果というのを外務省が受けて実はのだ.もちろんでたらめ虚偽主張だが過去に比べればそれでも論理の皮を結構取り揃えたわけだ.

その外にも多くの大学研究所を含めて公共機関社説研究所と個別研究者に至るまで重層的に研究作業をしている.中央政府次元でもやっぱり研究を進行している.上に行くほど秘密裡に成り立つと言うのが特徴だ.同時に各種文化館博物館図書館などでも独島展示と資料収集に出ている.島根県は勿論であり全国的次元で独島が日本領土だったという資料と証言,証拠物たちが集まって来ている.活発な学術発表を奨励することは勿論だ.こんな研究作業がいくら真実なのかそれとも真実に近いことなのか言うことは日本には重要ではない.韓国主張に傷と欠陷を出すことができるし日本国内と国際社会に宣伝する素材さえ確保すれば目的は成したのなので.


8)国民意識を切り刻むための各種行事と国民運動

一方的に知識を入れると国民の考えが易しく変わらない.自ら深く考えてその事実を自分の物で受け入れなければならない.そんな点で島根県を先頭にして各自治団体と民間団体たちがする標語募集,各種文募集,距離(通り)広報,学校参考書作りとそれを利用した授業,展示会,講座,雄弁大会,経済的な支援,文化行事などあらゆる行事は日本国民の脳裏で独島は韓国領土という事実を消して竹島が日本固有の領土で必ず取り戻さなければならないという決意を固くして入れるのに良い方法たちだ.

島根県にある<ヒョント竹島を守る集まり>のような民間運動は竹島戦闘部隊たちだ.日本国民を独島戦闘に動員して行動で進むようにする役目を引き受けている.こんな民間組職が ‘ヒョント竹島’だけあるのではなく全国に首都数え切れなく多い.ここに地域言論,中央言論がお互いに協調しながら <竹島は日本固有の領土>という国民意識をずっとダジョがである.右翼組職たちも大型車を動員して距離(通り)広報を含めた集団活動を随時にして活発に動いている.官庁と民間組職たちが調和して日本国民の意識を切り刻んでこんなに押し堅められた意識はまた日本政治舞台に反映されて日本の攻撃的な挑発がもっと強化されるのだ.

 
右翼車


9)日本憲法専門に独島問題が入って行く予定だ.

日本自民党が下書きした改訂憲法専門に独島話が入って行く予定だ.自民党が発表した憲法改正案専門下書きに独島を上程する句節がもう含まれている.憲法専門は非常に短くてその国家の一番重要な価値と一番基本的な哲学が盛られる.こんなに短い憲法専門に独島を盛るということは日本が独島問題を日本の生命幹で分かって国家の命運をかけているという話だ.私たちが日本の独島挑発と野慾を暇な冗談水準で評価して話す時ではないことを悟らなければならない.韓国は憲法専門に独島を淡を考え島していない.


10)海洋基本法を通じて独島に対する総合対策用意

日本の海洋基本法は 2007年 4月 27日に成立されて 7月 20日に施行された.海洋領土問題,大陸棚,排他的経済水域,経済,防衛,海洋環境,開発と国際協助などに対して総合的に対応するために首相を本部長で内閣官房,警察庁,金融庁,総務省,法務省,外務省,大蔵省,文部科学省,厚生労動省,農林水産省,経済産業性,国土交通性,環境性,防衛省で構成される政府組職だ.今までは独島問題に対してそれぞれの事案別で問題を申し立てて対応したが以後日本は海洋政策本部を通じて国家全体の立場(入場)で総合的に独島問題を扱うからその威力は韓国としては想像もできない水準になるでしょう.





11)竹島問題は日本国内政治の一番重要な主題になった.

この前日本の独島挑発は韓国の独島占有に抗議する外務省の文書や不平政治家の妄発位が全部だった.しかしこれから独島問題は仕事をした政治の一番中心的な主題になったし日本政局の爆発物になった.日本国内世論が <竹島日本領土>で固まることで切符に寄り掛かる日本国内政治勢力すなわち政党たちの行動もおびただしく変わった.これからは独島挑発を阻むとか沮止する日本国内の政治勢力がない.いや存在するのが不可能だ.皆独島問題に強硬な発言をこぼし出す.自民党だけではない.民主党,公明党,社堂はなはだしくは共産党までも表現の差はあるがこの大勢で大きく脱しない.

これから日本政党たちは競争的に独島に対する強硬な発言をこぼし出すはずで国家的次元の強硬挑発をけしかけるでしょう.平和的に独島解決ができると思う幻想はこれ以上足踏む所を尋ねにくくなった.


12)日本は独島強奪に対する国際的な同意をもう得た

中国と日本はいろいろに不便ななかだ.戦略的競争関係だからだ.一時的に友好雰囲気が流れる時もあるが根本的には敵対的競争関係だ.日本は中国を牽制するためにロシアと近くなろうと思っている.北方 4度問題を強く言及することができない理由がここにもある.それでも中国と日本はお互いに紛糾をもたらさないために気を付けている.今両国の間に不便と対決が造成されたら国家的にお互いに損害だからだ.

中国で刊行される指導には独島があんまり竹島で表記している.中国と日本が不便な関係にある時でも独島問題について中国は韓国ではなく日本肩を持ってくれる.理由は間島や白頭山を含めた韓国との領土問題が縛られているから日本とお互いに取り交わすのをしようというのだ.日本肩を持って独島を竹島で表記すれば日本は白頭山を含めた間島問題で中国に有利な表現をするでしょうからだ.韓国に対する原罪を持っている両国がお互いに罪をかばってやりながら実益を取りそらえようとするのだ.

アメリカはまだどっちつかずな態度を取ってからはあるが米である関係で見て日本便に止まるしかないだろう.世界戦略次元の同盟関係で見るとか経済的な紐帯関係で見るとか現実政治的利害関係で見るとか国民間の情緒面で見るとか韓国よりは日本の方に立つしかなくて独島に対する表現もそんな点で調律していることと見える.

ロシアも韓国よりは日本の方に立つように見える.たまに見える竹島表記が完全に統一された国家的見解と断定することは難しいが流れを見ればやっぱり独島よりは竹島の方だ.シベリア極東地域経済開発に対する国家戦略面でも日本の方に立つのが有利だと判断する可能性が高い.日本とロシアの間に北方領土問題があるが緊急な課題ではない.両国の間の人脈関係やお互いに取り交わすと言うよ内容で見ても日本とすると過失が大きいからだ.

ヨーロッパ連合やアセアンに対する影響力と宣伝と名分で日本はもう越等な優位を確保した.世界世論は独島ではなく竹島を支持している.待って時間の経つほど状況が引っ繰り返るのではなく格差がもっと大きくなりながら世界の常識は竹島で固まって行く.日本がこんな基礎を積む間に私たちは何をして時間をむだ使いしたのか.


13)日本は独島に対する軍事占領準備を終えた

1998年 2次大戦の激戦地だった硫黄島(イオジマ)で日本陸海空自衛隊最初の大規模合同上陸訓練が秘密裡に開かれた.訓練目的は <敵軍に占領された日本海のどんな島>を奪い返すためのことだった.日本が敵軍に占領された日本海の島と言う(のは)独島以外にまたあるか. この訓練は実戦に匹敵する非常に厳重な訓練だった.もう 10年前から独島を強奪しようとする日本の意志と野慾がいくら強烈なことだったのかをそのまま見せてくれた作戦名で訓練だった.

自衛隊占領訓練 

防衛省の防衛白書やその外関係文書をよく見れば日本の独島軍事占領準備は余分の作戦分野に限ったのではない.国際社会の世論と国際法領域まで考慮した細細しい占領措置準備が皆含まれたことなのを分かる.島根県を含めた地方政府の役目まで細細しくギュザングしている.独島を災難地域で扱って独島占領が徹底的に国内的措置になるようにしている.

独島占領の基礎準備で防衛庁は独島を日本領土竹島に公式指定してこれを軍事的に定める作業に入って行った.海自,航空自衛隊,海上保安庁まで出て独島占領のための基礎準備と作戦,国際法的立場を押し堅めるための公式的な業務領域宣言など細細しい部分まですべて準備が完了して今は作戦開始だけ待っている状態だ.日本は竹島を守ることであって大韓民国領土を侵略したのではないという準備を完了したのだ.

2006年度 4月ハンギョレ新聞に韓国海軍艦艇が独島周辺にないという事実が報道された.海軍が自分勝手に独島周辺で消えてしまったことではなくて漁業協定に設定された韓日共同管理水域問題と密接な関連があるでしょう.また去る 1999年末独島を中心にした雄大な新千年迎え行事を海軍が準備してから高い所から酷い目に会った以後初めから日本の気を損ねる行事はしないことに内部的に決めたのかもわからない.

このように日本は十数年しかならないa短い期間に独島を強奪するように日本国内の世論と各種体制を皆整備した.我が政府と国民はそんな事態の流れと意味を全然把握することができずに個別事案にだけ注目している途中関心さえ捨ててしまった.日本がこんなに内部体制と世論を整備した結果日本は内部の反対を寝かせて国民の疑心も解消した.もう日本は国内的に <もとより日本領土である竹島奪還>にすべての国民が必ず出なければならないと確固に精神武将をした.10年歳月の間日本はすべての準備を完了してもう総体的な攻勢を取ろうと思っている.ここに対する大韓民国の対応は <正面対抗すれば日本の紛争指話戦略に巻きこまれる>と言う国際法の原則とは完全に配置される精神病者水準の主張を繰り返している.日本は自信感を持って独島強奪攻撃に出ることができる十分な準備を国内的にもう取り揃えた.

  • 最終更新:2009-03-06 17:29:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード