g1906-01


skip to main | skip to sidebar
Dokdo-or-Takeshima?
Home | English Index | 한국어 목록 | 日本語インデックス | Glossary

Tuesday, June 12, 2007
1906 Apr 1 - Japanese Tell Koreans of Takeshima Incorporation


The following April 1, 1906 San-in Shimbun article, entitled "竹島土産," talks about Japanese officials visiting Takeshima (Liancourt Rocks) and Ulleungdo. (Click on the articles to enlarge.)

Takeshima Souvenirs

The party of fifty people arrived at Takeshima at 8 a.m. on the 27th, as we have already reported. They soon landed and dozens of people from various fields of study began their investigative work. As previously rumored, there were pods of sea lions living on the island, so the party caught ten of them, including a live one. Some were caught with a net or guns, and some were clubbed. They loaded three of them on the ship and departed at 2:30 p.m. They saw laver growing at the island.

They arrived at Ulleungdo's Jeodong (芋洞) at about 8 p.m. Some disembarked right away when Japanese policemen, the postmaster, and other people from Dodong (道洞) came on two boats to welcome the party. It was arranged that some of the party would stay at Postmaster Kataoka's house while the rest would stay on the steamship and wait until daybreak to land.

They all went to visit the County Head (郡守), and a Japanese police seargent acted as interpreter. They asked about the situation of the island. Then part of them investigated the interior of the island while part of them investigated the coast. They departed the island at 8 p.m., and they arrived at Saigo (Oki) the next day at 4:30 p.m. They attended a welcoming party organized by officals and the people. At 10 a.m. the next morning, they left and at 3:30 p.m. arrived at Sakai, where they soon changed steamships. They arrived at the prefectural office at 7 p.m. Department Head Jinzai (神西) stayed at Oki with two staff members, Nakajima and Ohno, to investigate the island (Oki).

One of the three sea lions they got at Takeshima was cooked on the ship, one was given to the Uleungdo County Head, and the last one was brought back to be used as the subject of hygiene study and is now at the hygiene laboratory at the docks.

When he visited the county head of Ulleungdo, Department Head Jinzai (神西) said, "I'm an official from Shimane Prefecture of the Japanese Empire. Your island and Takeshima, which is under our jurisdiction, are near each other. Also, many Japanese are staying on your island, so we hope you watch over them. If we had planned on coming here, we would have brought you a suitable gift, but because we happened to come here for refuge, we do not have one. Fortunately, we have a sea lion here we caught at Takeshima. We would like to give this to you as a gift, and we would consider it very fortunate if you would accept it."

The county head answered, "Concerning the Japanese people who are staying on this island, I will do what it takes to protect them. I will also accept your gift of the sea lion. If it tastes good, I hope you will give me another one sometime."

(Translated by Pacifist)





Posted by Gerry Bevers at 10:39 PM
Labels: Docs: Japanese, Docs: 日本語
8 comments:
pacifist said...
Gerry,

To follow is a rough translation:

Souvenir of Takeshima

The party of 50 people arrived at Takeshima at 8am 27th as we've already reported. Soon they landed and 14~5 persons shared their investigational work in several fields. As previously rumoured, there were herds of sea lions living, so the party caught the 10 sea lions including a live one, some were caught with a net or guns, some were beaten. Three of them were loaded to the ship and they left there at 2:30pm. They saw laver growing at the island.
Then they arrived at 芋洞 of Ulleungdo at 8pm. A part of them landed soon. Japanese policemen and a postmaster and other people from 道洞 on two ships came and welcomed the party, so they stayed at the postmaster Mr.Kataoka's house while the rest of the party stayed in the steamship. After the daybreak they landed and visited the chief of the island (郡守). A Japanese police seargent acted as an interpreter, and asked about the situation of the island. Then a part of them investigated the coast of the island and left the island at 8pm. Next day at 4:30pm they arrived at Saigo (of Oki), they attended a welcome party organised by the officals and the people. On the next morning at 10am they left and arrived at Sakai at 3:30pm, where they soon changed the steamship and arrived at 7pm at the prefectural office. The head of the department 神西(Kannzai or Jinzai?) stayed at Oki with two staff, Nakajima and Ohno in order to investigate the island (Oki). One of the three sea lions, which they got at Takeshima, was cooked in the ship, one was given to the chief of Ulleungdo and the last one was brough back with them as a material for hygienic investigation, and it is now at its moorings at a hygienic laboratory. The head of the department 神西 (Kanzai?) said when he visited the chief of Ulleungdo, "I'm an official of Shimane prefecture of Japan Empire. Your island and Takeshima, which is under our jurisdiction, are close. And many Japanese are staying in your island, so we hope you'll treat them right. We should have brought a gift if this was a planned visit but this time we happened to arrive for a refuge, so we don't know what we have to give you. Fortunately we have a sea lion we caught at Takeshima here. We would like to give this to you as a gift. We would be glad if you will receive it." The chief of the island answered, "I will protect Japanese people who are staying in this island. I'll receive the sea lion. If it will be delicious, I would like to have another one in the future."

12:17 AM
pacifist said...
Gerry,

Incidentally, the title 竹島土産 is not 竹島土山. The 土産 (miyage) means souvenirs. If you write 土山, it means "mud mountain"...

12:58 AM
Gerry Bevers said...
Thank you for the translation, Pacifist, and thank you for catching my mistake.

I think the Japanese officials had planned to go to Ulleungdo from the very beginning. I think "had to seek refuge" comment was just the official's way of excusing the quality of the gift he was giving the county head.

3:46 AM
pacifist said...
Gerry,

I agree with you, considering the former article and this article relating about the welcome delegation of Japanese residents, possibly it was planned beforehand. But this article didn't mention the bad weather they should have taken a refuge, I wonder whether there was a storm or not. At least, if the party talked about it as an excuse, weather may have not been fine anyway...

7:37 AM
pacifist said...
Gerry,

I found the photo of Nakai Yozaburo although it's a very small one:


This is from Sankei Shimbun. Please take a look at the right upper photo; the man standing left is Nakai. He looks smart, doesn't he?

12:34 AM
Gerry Bevers said...
Pacifist,

I think the "kukuri" site is blocked from Korea. I tried connecting to that site and I cound not do it then, either.

1:11 AM
pacifist said...
Gerry

I sent you an e-mail with the attached photo of the newspaer article.
I hope you will be able to see it!

1:23 AM
Gerry Bevers said...
Pacifist,

Thanks for the e-mail. I might attach the picture to the relevant post when I get home from work tonight.

1:13 PM
Post a Comment

Links to this post
Create a Link

Newer Post Older Post Home
Subscribe to: Post Comments (Atom) Purpose of this Blog
The purpose of this blog is to discuss current and historical issues related to the territorial dispute between Japan and Korea over Liancourt Rocks, which is a small group of rocky islets located in the Sea of Japan. Japanese refer to the islets as "Takeshima" while Koreans refer to them as "Dokdo." All views are welcome, and comments may be made in any language, but personal attacks, foul language, and comments dealing with unrelated issues will be unwelcome and may be deleted. The goal is civil discussion and debate.
.
You have the right to know.
.
알 권리가 있다.
.
あなたには、知る権利があります.











1906の4月1日 - 日本人は、韓国人に竹島社について話します



以下1906年4月1日山陰新聞記事(「竹島土産」、竹島(竹島)を訪問している日本の当局についての会談とUlleungdo.と表題をつけられる)(大きくする記事をクリックしてください。)


竹島記念品


我々がすでに報告したように、50人の一行は第27の上に午前8時に竹島に到着しました。彼らはすぐに着地しました、そして、いろいろな研究分野からの何十もの人々は彼らの調査の仕事を開始しました。以前うわさされて、島に住んでいるアシカのさやがあったので、党は彼らのうちの10人を捕えました。そして、活気のある人を含みました。いくつかはネットまたは銃で捕えられました、そして、いくつかはばち状でした。彼らは船に彼らのうちの3人を積んで、島で育っている午後2時30分のTheyのこぎり洗盤で出発しました。


Dodong(道洞)からの日本の警官、郵便局長と他の人が党を歓迎するために2台のボートに来たとき、彼らはすぐに降ろされる午後8時頃のSomeで UlleungdoのJeodong(芋洞)に到着しました。残りが汽船にとどまって、土地に夜明けまで待つ間、党のいくつかがPostmasterカタオカの家に泊まるよう手配されました。


彼ら全員は郡Head(郡守)を訪問しに行きました、そして、警察がseargentする日本人は通訳の役をしました。彼らは、島の状況について尋ねました。それから、彼らの一部が海岸を調査する間、彼らの一部は島の内部を調査しました。彼らは午後8時に島を立ちました、そして、彼らは西郷に到着しました、午後4時30分のTheyのその翌日はofficalsと人々によって組織される歓迎するパーティーに出席しました(沖)。翌朝午前10時に、彼らは去って、堺で午後3時30分に達しました、そこで、彼らはすぐに汽船を乗り換えました。彼らは2人のスタッフメンバー、ナカジマと大野と沖で抑えられる午後7時の部Headジンザイ(神西)で県庁に到達しました。そして、島(沖)を調査しました。


彼らが竹島でつかまえた3匹のアシカのうちの1匹は船で料理されました、人はUleungdo郡Headに与えられました、そして、最後の人は衛生研究の対象として使われるために戻されて、現在ドックの衛生研究所にいます。


彼がUlleungdoの郡上部を訪問したとき、部Headジンザイ(神西)は言いました ― 「私は、日本の帝国の島根県からの当局者です。あなたの島と竹島(それは我々の管轄権の下にあります)は、互いに近いです。また、多くの日本人はあなたの島の上にいているので、我々はあなたが彼らの世話をすることを望みます。我々がここに来るつもりだったならば、我々はあなたに適当な贈り物を持ってきたでしょう、しかし、我々が偶然避難のためにここに来ることが起こったので、我々は1を持ちません。幸いにも、我々にはアシカがここでいます。そして、我々は竹島に飛びつきました。贈り物としてあなたにこれを与えたいです、そして、あなたがそれを受け入れるだろうならば、我々はそれを非常に幸運であると思うでしょう。」


郡指導者は答えました ― 「この島の上にいている日本人に関して、私は彼らを保護するには必要であることをします。私は、アシカのあなたのギフトも受け入れます。それがよい味がするならば、何卒、いつか別のものをください。」


(平和主義者によって翻訳されます)






午後10時39分にゲリーBeversによって掲示されます
ラベル:医者:日本語、医者:日本語
8はコメントします:
平和主義者は言いました...
ゲリー、


あとに続くことは、荒っぽい翻訳です:


竹島の記念品


我々がすでに報告したように、50人の一行は27番目に午前8時に竹島に到着しました。すぐに、彼らは着地しました、そして、14~5人はいくつかのフィールドで彼らの調査中の仕事を共有しました。以前うわさされて、生きているアシカの群があったので、党は活気のある人を含む10匹のアシカを捕えました、いくつかはネットまたは銃で捕えられました、いくつかは打たれました。彼らのうちの3人は船に載せられました、そして、彼らは午後2時30分にそこに去りました。彼らは、洗盤が島で育っているのを見ました。
それから、彼らは午後8時にUlleungdoの芋洞に到着しました。彼らの部分は、すぐに着陸しました。2台の船の道洞からの日本の警官と郵便局長と他の人は来て、党を歓迎したので、残りの党が汽船にとどまる間、彼らは郵便局長Mr.Kataokaの家に泊まりました。夜明けの後、彼らは着地して、島(郡守)のチーフを訪ねました。警察がseargentする日本人は、通訳の役をして、島の状況について尋ねました。それから、彼らの部分は、島の海岸を調査して、午後8時に島を出発しました。次の日午後4時30分に、彼らは西郷(沖の)に到着しました、彼らはofficalsと人々によって組織される歓迎会に出席しました。午前10時の次の朝に、彼らは去って、午後3時30分に堺に到着しました、そこで、彼らはすぐに汽船を乗り換えて、県庁で午後7時に達しました。部門神西の頭(Kannzaiまたはジンザイ?)、2人のスタッフと沖で抑えられて、ナカジマと中で大野は、島(沖)を調査するために注文します。3匹のアシカ(それを彼らは竹島で得ました)のうちの1匹は船で料理されました、人はUlleungdoのチーフに与えられました、そして、最後のものは衛生的な調査のための材料として彼らと後ろにbroughでした、そして、それは現在衛生的な研究所のその係留設備にあります。彼が Ulleungdoのチーフを訪ねたとき、部門神西(Kanzai?)の上部は言いました ― 「私は、日本帝国の島根県の当局者です。あなたの島と竹島(それは我々の管轄権の下にあります)は、間近です。そして、多くの日本人はあなたの島にとどまっているので、我々はあなたが正しく彼らを扱うことを望みます。これが予定の訪問であるならば、我々は贈り物を持ってこなければなりませんでした、しかし、今度は、我々は偶然避難所へ到着することが起こったので、我々は我々があなたに何を与えなければならないかについて、わかりません。幸いにも、我々には我々がここの竹島で捕えたアシカがいます。贈り物としてあなたにこれを与えたいです。あなたがそれを受けるならば、我々はうれしいでしょう。」と、島のチーフが答えました、「私は、この島にとどまっている日本人を保護します。私は、アシカを受けます。それがおいしいならば、将来別のものを持っていたいです。」


午前12時17分
平和主義者は言いました...
ゲリー、


ちなみに、タイトル竹島土産は、竹島土山でありません。土産(miyage)は、記念品を意味します。あなたが土山を書くならば、それは「泥山」を意味します。…


午前12時58分
ゲリーBeversは言いました...
私の間違いを捕えるために、翻訳、Pacifistとありがとう、をありがとう。


私は、日本の当局がまさしくその始めからUlleungdoへ行く予定だったと思います。私は考えます「避難を求めなければなりませんでした」、コメントはちょうど彼が郡頭に与えていた贈り物の品質を許す当局者のやり方でした。


午前3時46分
平和主義者は言いました...
ゲリー、


日本の居住者の喜ばしい代表派遣団について関連がある前の記事と本稿を考慮して、私はあなたに同意します、おそらく、それは前もって計画されました。しかし、本稿は彼らが避難所に持っていかなければならなかった悪天候に言及しなかったと、嵐があったかどうかに関係なく、私が不思議に思います。少なくとも、党が弁解としてそれについて話すならば、天気はいずれにしろよくなかったかもしれません...


午前7時37分
平和主義者は言いました...
ゲリー、


それが非常に小さなものであるが、私はナカイヨウザブロウの写真を見つけました:




これは、産業経済新聞社からあります。右上写真を見てください;左側に立っている男は、ナカイです。彼は、頭が良く見えますね?


午前12時34分
ゲリーBeversは言いました...
平和主義者、


私は、「kukuri」サイトが韓国からブロックされると思います。そのサイトにつながって審理されるi、そして、coundに私それからそれ(どちらでも)をします。


午前1時11分
平和主義者は言いました...
ゲリー


私は、newspaer記事の取付けられた写真で、あなたに電子メールを送りました。
何卒、それを見ることができてください!


午前1時23分
ゲリーBeversは言いました...
平和主義者、


電子メールをありがとう。私が今夜仕事から家に帰るとき、私は絵を関連したポストに付けるかもしれません。


午後1時13分
コメントを送ってください


このポストとの関連
関連を確立してください


家でより新しいポスト年上の地位
申し込みます:このブログのポストコメント(原子)目的
このブログの目的は竹島の上に日本と韓国の間で縄張り争いに関連した現在で歴史の問題を議論することになっています。そして、それは日本海にある岩が多い小島の小さなグループです。韓国人が「独島として彼らに言及する間、日本人は「竹島」として小島に言及します。」、All見解は歓迎されます、そして、コメントはどんな言語ででもなされるかもしれません、しかし、無関係な問題を扱っている個人の攻撃、汚い言葉とコメントは歓迎されなくて、削除されるかもしれません。ゴールは、市民の議論と議論です。
あなたには、知る権利があります。
알 권리가 있다。
あなたには、知る権利があります。

  • 最終更新:2009-08-22 20:33:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード